大学出版部協会

 

 小樽運河問題の社会学的分析町並み保存運動の論理と帰結

町並み保存運動の論理と帰結 小樽運河問題の社会学的分析

A5判 506ページ
価格:8,000円+税
ISBN978-4-13-056114-3 C3036
奥付の初版発行年月:2018年02月 / 発売日:2018年02月下旬

内容紹介

日本における歴史的景観保存運動のさきがけとなった小樽運河.当事者たちの語りを丹念に追いつつ,開発がある種の必然でもあった都市の社会史,住民たちの語りが共同性を得てゆくプロセス,今日に至る観光都市化のアンビバレンツをも複層的に見つめ,町並み保存の「意味」を問う.著者による33年間のフィールドワークが結実した,圧倒的なモノグラフ.

著者プロフィール

堀川 三郎(ホリカワ サブロウ)

法政大学社会学部教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに
第1章 なぜ景観を保存するのか——問題の所在と分析の方法
第2章 対象としての歴史的環境——町並み保存運動の勃興とその意味
第3章 札幌を恨む都市——港湾商業都市・小樽の都市史
第4章 変化の論理——小樽市行政にとっての運河問題
第5章 保存の論理——保存運動にとっての運河問題
第6章 小樽は何を得て,何を失ったのか——「ポスト運河論争」期の景観変化
第7章 保存とは変化することである
おわりに
[資料篇]
 現地調査実施記録
 小樽運河問題関連年表
 調査対象地区図面
 小樽景観変化定点観測調査・集計一覧
 建物利用状況経年変化調査

WHY PLACE MATTERS: A Sociological Study on a Historic Preservation Movement in Otaru, Japan, 1965-2016
Saburo HORIKAWA


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。