大学出版部協会

 

 絶望のその先へ大学という理念

大学という理念 絶望のその先へ

四六判 280ページ
価格:3,190円 (消費税:290円)
ISBN978-4-13-053092-7 C1037
奥付の初版発行年月:2020年09月 / 発売日:2020年09月下旬

内容紹介

東大すら例外でない「衰亡」が取沙汰される現代日本の大学.いま直面する問題は,明治以降の日本の知の歴史の帰結と深い関係がある.社会史の視座と,自ら大学の研究・教育に携わる実践者の視座との双方から,ありうる大学の未来像とその芯である「理念」を大胆に提示する書.

著者プロフィール

吉見 俊哉(ヨシミ シュンヤ)

東京大学大学院情報学環・学際情報学府教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 章 なぜ,大学が問題なのか——危機の中で思考する

第Ⅰ部 大学崩壊の時代に
第1章 爆発の時代に大学の再定義は可能か
第2章 「人文社会系は役に立たない」は本当か
第3章 大学院教育の未来形はどこにあるのか
第4章 「蹴られない東大」を実現する方法
第5章 大学の不条理と未来――単線から複線へ
第6章 明日の大学 明日の都市——コミュニティとしての大学=都市

第Ⅱ部 明日の大学を語る
第7章 大学に未来はあるのか
第8章 大学は国に奉仕しているわけではない
第9章 人生で三回大学に入る社会に向けて
第10章 日本の大学の何が問題か
第11章 文系学部解体と大学の未来

終 章 大学という理念――近代の臨界と自由の結界


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。