大学出版部協会

 

 教育実践論から学習実践論へ子どもたちは教室で何を学ぶのか

子どもたちは教室で何を学ぶのか 教育実践論から学習実践論へ

A5判 256ページ
価格:3,400円+税
ISBN978-4-13-053088-0 C1037
奥付の初版発行年月:2016年02月

内容紹介

「小1のカベ」とは,子どもが「学校的コミュニケーション」に身を置くようになるまでのハードルでもある.教師と子どもの言葉と身振りがつくる教育の空間の具体像を追う著者の試みが,教える研究(教育実践研究)から,教室を生き,学ぶ側を中心にした「学習実践研究」へと心理学を更新してゆく.


目次

まえがき
序章 学校の心理学から実践のための研究へ
第1章 児童になる・生徒になるということ——小学校に入学する
第2章 授業を生きる 
第3章 教室において「書くこと」を学ぶということ
第4章 学びの場としての教室空間
第5章 指導者のジレンマと成長
第6章 多様性に戸惑う教室
終章 学びの場にかかわるということ
あとがき
文献リスト
索引(人名・事項)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。