大学出版部協会

 

 戦後日本の学校化社会の周縁と周辺境界線の学校史

境界線の学校史 戦後日本の学校化社会の周縁と周辺

A5判 272ページ
価格:3,960円 (消費税:360円)
ISBN978-4-13-051355-5 C3037
奥付の初版発行年月:2020年12月 / 発売日:2020年12月上旬

内容紹介

通信教育や夜間中学が問う「学校に通える人」と難しい人との境界,民族学校が問う「国民」と非「国民」の境界,実業教育が問う「普通教育」とそうでない進路の境界…….「公教育」とは何か,誰になにを保障するのか.いまなお変動の中にある日本の「学校化社会」のありかたを歴史に追う.

著者プロフィール

木村 元(キムラ ハジメ)

一橋大学大学院社会学研究科教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 章 「境界線の学校史」の問題構制(木村 元)
第1章 「学校」制度の境界線――その形成と展開(木村 元)

第I部 教育を保障する境界――義務教育・学校教育・公教育
イントロダクション(木村 元)
第2章 夜間中学の成立と再編
     ――「あってはならない」と「なくてはならない」の狭間で(江口 怜)
第3章 勤労青少年と教育機会における学校方式の問題
     ――教育機会拡充をめぐる社会的力学(濱沖敢太郎)
第4章 揺れ動く公教育の境界
     ――外国人学校は公的に保障されうるか(呉永鎬)

第II部 どんな教育を保障するか――普通教育の境界変動
イントロダクション(木村 元)
第5章 道徳教育に抗する/としての生活指導
     ――普通教育の境界変動と宮坂哲文(神代健彦)
第6章 普通教育としての職業教育をつくる
     ――産業教育研究連盟と新制中学校のカリキュラムの変容(松田洋介)
第7章 高校工業科における普通教科と専門教科
     ――柔軟な教育課程編成による職業と生徒への対応(山田 宏)

結 章 〈学校の世紀〉における境界線の変動(木村 元)


Boundaries of Japanese Public Education:
A History of Schooling Society and its Borders
Hajime KIMURA, Editor


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。