大学出版部協会

 

 大衆化と市場化の経済分析大学の条件

大学の条件 大衆化と市場化の経済分析

A5判 284ページ
価格:3,800円+税
ISBN978-4-13-051332-6 C3037
奥付の初版発行年月:2015年12月

内容紹介

日本の大学には公的資金の投入が少なく,個々の家計に教育費の負担が重くのしかかっている.実証データを経済学的に分析し,大学進学機会の平等化が経済政策としても合理的であること,大学がエリートだけではなく,社会全体を支えるみんなのためにも有益であることを主張する.


目次

序章 それでも大学はみんなのためにある

I なぜ大学に進学しないのか——「家族資本主義」の限界
1章 「後期大衆化」段階の深い溝
2章 大学に進学しない理由(1)——顕在的進学需要の経済分析
3章 大学に進学しない理由(2)——進学と就職のゆらぎ
4章 大学に進学しない理由(3)———ゆらぐ専門学校の立ち位置
5章 学力があるのに,親が大卒なのに,なぜ進学しないのか——家族資本主義の形成
6章 家族資本主義の帰結——機会不平等の政策的含意

II 雇用効率と学習効率の接続——大学教育の経済効果
7章 大衆化しても上昇する大卒プレミアム——平等化のための効率的公共投資
8章 誰のための大学か——費用負担の経済分析
9章 学習効率から雇用効率への接続——学び習慣仮説の提唱

III ポスト大学改革の課題——経営と政策のシナリオ
10章 日本的家族と日本的雇用の殉教者——幽閉された学生の解放
11章 制度改革から経営革新への転換——大学の使命—冒険・時間・仲間

終章 精神・制度・資源の再構築——みんなのための大学政策

参考文献
あとがき
人名索引
事項索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。