大学出版部協会

 

 新しいセーフティーネットの構築に向けて生活不安の実態と社会保障

生活不安の実態と社会保障 新しいセーフティーネットの構築に向けて

A5判 306ページ
価格:4,950円 (消費税:450円)
ISBN978-4-13-051148-3 C3036
奥付の初版発行年月:2022年04月 / 発売日:2022年04月中旬

内容紹介

日本社会は、生活困難者や就職氷河期世代への支援、今後に社会問題化すると考えられる単身者の生活不安とその解消といった、新しい課題への対処が求められている。社会調査から導き出された人々の生活実態をもとに、新たな社会保障制度や生活支援策を提示する。

著者プロフィール

田辺 国昭(タナベ クニアキ)

国立社会保障・人口問題研究所所長

西村 幸満(ニシムラ ユキミツ)

国立社会保障・人口問題研究所社会保障応用分析研究部室長

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はしがき(田辺国昭)

序 章 「生活と支え合いに関する調査」の経緯と成果(西村幸満)

第I部 総論:日本社会が抱える不安
第1章 日本におけるチャイルドレスと社会サポート(阿部 彩)
第2章 孤独な富裕層:豊かになっても仲間に恵まれない人たちの心の裡(石田光規)
第3章 超高齢社会の長生きに対する評価とその影響要因(盖若琰)
第4章 いざという時のお金の援助で頼る人の存在と支出の変化:氷河期世代に注目して(暮石渉)
第5章 女性単身者の生活保障:家族と雇用に注目して(西村幸満)

第II部 各論:高まる生活不安の諸相
第6章 保育所・幼稚園、延長保育、学童保育の利用と育児期の女性の正規就業(藤間公太)
第7章 障害者でも高齢者でもない健康上の問題がある者の生きづらさ(百瀬由璃絵)
第8章 障害者手帳保有者の社会生活はどれぐらい不利なのか:障害種別を考慮した多変量解析(榊原賢二郎)
第9章 単身後期高齢者における医療費・介護費の主観的負担感と経済状況の関連(杉山 京・藤森克彦)
第10章 中年未婚者の社会的孤立の実態とその特徴(藤森克彦・杉山 京)
第11章 非婚時代における中高年未婚者の生活リスク(斉藤知洋)

終 章 新しいセーフティーネットに向けて:本書の整理と課題(西村幸満)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。