大学出版部協会

 

 客観性とはなにか社会学の方法的立場

社会学の方法的立場 客観性とはなにか

四六判 366ページ
価格:3,520円 (消費税:320円)
ISBN978-4-13-050179-8 C3036
奥付の初版発行年月:2013年11月

内容紹介

現代社会の危機に,社会学はどのように応えることができるのか.ヴェーバー,デュルケム,シュッツなどの社会学方法論を検討しながら,現代社会が直面する課題にアプローチする学問的営みのあるべき姿を提唱し,社会学理論の再構築をめざす新たな挑戦.


目次

1章 リスク社会における事実性と反照性
2章 社会的事実とは何か
3章 理念型という方法——ヴェーバーの「客観性」戦略
4章 シュッツにおける「客観性」の意味
5章 理解社会学の理論仮説——行為者と観察者
6章 弱い合理性の理論——強い合理性でも限定合理性でもなく
7章 階級の幻想
8章 公共社会学の理論構想
9章 事実/価値二分法の真実
10章 社会は反照的共同性からなる——社会学の方法的立場


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。