大学出版部協会

 

日本経済 社会的共通資本と持続的発展

日本経済 社会的共通資本と持続的発展

A5判 472ページ
価格:7,000円+税
ISBN978-4-13-040267-5 C3033
奥付の初版発行年月:2014年10月

内容紹介

資本主義のあり方が問われる今日,持続可能な経済社会の構築とはいかなるものか.社会的共通資本の概念は,その問いかけに重要な指針を与える.日本経済を中心とした,環境社会,都市とまちづくりなどの分野から,わが国のあるべき姿を考察する.


目次

序 章 1970年代からの資本主義の大きな変容——過去50年をふり返って(宮川公男)

第I部 日本経済と社会的共通資本
第1章 日本経済のビジョンと社会的共通資本——下村理論をもとに持続可能な発展を考える(堀内行蔵)
第2章 日本の財政赤字の影響——政府の破綻にいたるリスク(貝塚啓明)
第3章 最適負債制御問題——金融市場と経済社会の安定化に向けて(吉村浩一・渡邉修士)
第4章 財産権の整備と経済成長——法制度と金融市場(山崎福寿・瀬下博之)

第II部 社会的共通資本の展開
第5章 漁場の共同利用と自治的管理(間宮陽介)
第6章 地球環境問題と自生的組織の役割(栁沼 壽)
第7章 効果的な二酸化炭素排出制御———排出権取引の実際と理論(大瀧雅之・國則守生)
第8章 ディスクロージャー制度の構築——監査システムと経済社会の信頼確保(八田進二)
第9章 グローバル新時代における経営・会計のイノベーション——強制価値と統合思考がもたらす持続可能な経済社会(小西範幸・神藤浩明)

第III部 社会的共通資本と市民社会の構築
第10章 21世紀の都市計画・まちづくり(大西隆)
第11章 都市と持続可能性——事例としての鎌倉(薄井充裕)
第12章 都市と環境——市民生活と社会的側面(内山勝久・細田裕子)
第13章 大規模匿名社会における信頼形成と維持(奥野正寛)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。