大学出版部協会

 

 基底的価値の探究と現代世界人権の哲学

人権の哲学 基底的価値の探究と現代世界

A5判 368ページ
価格:6,820円 (消費税:620円)
ISBN978-4-13-036284-9 C3031
奥付の初版発行年月:2022年03月 / 発売日:2022年03月下旬

内容紹介

人が人であるがゆえに持つ人権。その正当化の根拠とは何か。本書は、ロールズやベイツ、グリフィンらの議論を整理し、「自然本性的構想」と「政治的構想」との論争を詳細に分析。対立の本質を探り、人権論が向かうべき新たな方向性を示す。膨大な資料を駆使した、気鋭の研究者の先駆的研究。【第11回東京大学南原繁記念出版賞受賞作】

著者プロフィール

木山 幸輔(キヤマ コウスケ)

筑波大学人文社会系助教

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第1章 人権の哲学:その文脈と2つの構想  
第2章 政治的構想の主要理論は擁護されるか(1):ロールズの場合  
第3章 政治的構想の主要理論は擁護されるか(2):ラズの場合  
第4章 政治的構想の主要理論は擁護されるか(3):影響力ある諸議論の概括的検討  
第5章 自然本性的構想への批判に応答する:ベイツによる批判への応答  
第6章 擁護されるべき自然本性的構想:二元論、一元論でも多元論でもなく  
第7章 社会経済的権利は人権でありうるか  
第8章 デモクラシーへの権利は人権でありうるか  
第9章 人権と国際的関係  
第10章 開発・援助構想に対する評価:人権の哲学による示唆を参照軸として 
結語  本書がしたこと


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。