大学出版部協会

 

多様性社会の挑戦

現代インド
多様性社会の挑戦

A5判 392ページ
価格:5,400円+税
ISBN978-4-13-034301-5 C3330
奥付の初版発行年月:2015年02月

内容紹介

21世紀のインドは,もはや単なる貧困にあえぐ「閉じられたカースト社会」ではなく,グローバル化を通じた世界経済の成長を牽引するとともに,それ自身が成長力をもつ「開放的な多様性社会」でもある.その多面性を眺め渡す基本的・総論的な視座を提供する.


目次

序論 「カースト社会」から「多様性社会」へ——現代インド論のパラダイム転換(田辺明生)

第I編 生存基盤確保の歴史
 第1章 環境の多様性と文化の多様性(佐藤孝宏・杉原 薫)
 第2章 人口と長期的発展径路——自然環境と「開墾・定住」過程(脇村孝平)
 第3章 近現代インドのエネルギー——市場の形成と利用の地域性(神田さやこ)
 第4章 生存とジェンダー——「家族」をめぐる言説と実践から(粟屋利江)
 [補論1]ユーレィジアン問題(水谷 智)

第II編 開放体系としてのインド世界
 第5章 支配と共存の論理——インドにおける国家と社会(太田信宏)
 第6章 環インド洋世界とインド人商人・起業家のネットワーク——植民地期における複合性・多様性(大石高志)
 第7章 植民地期における国内市場の形成(杉原 薫)
 第8章 差別解消の方法とヴィジョン——ガーンディーとアンベードカル(長崎暢子)
 [補論2]英領インドの企業(野村親義)

第III編 多様性社会の潜在力
 第9章 多様性社会と宗教的共存の文化的基盤——ベンガルの聖者廟におけるヒンドゥー教とイスラーム(外川昌彦)
 第10章 独立後インドの経済発展径路——多様性と階層性のガバナンス(藤田幸一)
 第11章 民主政治と社会運動——制度と運動のダイナミズム(中溝和弥・石坂晋哉)
 第12章 グローバル・インドのゆくえ——多中心的なネットワークの展開(田辺明生)
 [補論3]工場の中の神霊(石井美保)
 [補論4]連邦制(藤倉達郎)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。