大学出版部協会

 

 焼畑農耕の終焉中国・海南島

島の生活世界と開発
中国・海南島 焼畑農耕の終焉

A5判 240ページ
価格:3,800円+税
ISBN978-4-13-034172-1(4-13-034172-3) C333
奥付の初版発行年月:2004年02月

内容紹介

巨大な領土と多様な環境をもつアジア最大の国家・中国は「アジアの環境保全」を考えるうえで最も重要な地域である.その広大な領土のなかのひとつの点のような場所から,市場経済・観光開発と変化する環境との拮抗関係をとらえ,海南島のリー族社会という極微な眼から,その「生活世界」と「環境」を透視する.


目次

序章 リー族の生活世界の現在と開発(篠原 徹)
第I部 外部からみたリー族社会
 1章 史書にみるリー族の生活世界(西谷 大)
 2章 酒とフィールドワーク(梅崎昌裕)
第II部 自然利用の変容と生活
 3章 環境利用の変容と生活適応戦略(西谷 大)
 4章 環境保全と両立する生業(梅崎昌裕)
第III部 生業経済から市場経済へ
 5章 換金作物と貧困克服の試み(蒋宏偉)
 6章 都市近郊農村のマーケット依存性(伊藤貴子)
 7章 市場経済の浸透と商いの自立性(卯田宗平)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。