大学出版部協会

 

 鉄道が生んだ娯楽とナショナリズム初詣の社会史

初詣の社会史 鉄道が生んだ娯楽とナショナリズム

A5判 328ページ
価格:6,400円+税
ISBN978-4-13-026241-5 C3021
奥付の初版発行年月:2015年12月

内容紹介

毎年多くの人が訪れる初詣.その起源と展開をめぐる体系的な初めての研究書.国家による庶民へのイデオロギー注入政策として形成されたのではなく,近世の恵方詣を淵源に,鉄道の集客政策もともなって庶民に広まった後,知識人が影響を受けて,さらに「国民的行事」として定着したその歴史を探る.


目次

序 論 「国民的行事」はいかにして誕生し,継続しえたのか

第一部 初詣の成立
 第一章 明治期東京における初詣の形成過程——鉄道と郊外が生み出した参詣行事
  補 論 「初詣」の用法について
 第二章 恵方詣と初詣——東京と大阪

第二部 初詣とナショナリズムの接合
 第三章 二重橋前平癒祈願と明治神宮創建論争——天皇に対する「感情美」の変質
 第四章 知識人の参入——天皇の代替りと明治神宮の創建
  補 論 「庶民」についての若干の補足——日雇労働者に注目して

第三部 初詣の展開——都市の娯楽とナショナリズム
 第五章 関西私鉄・国鉄と「聖地」
 第六章 戦間期東京の初詣——現代型初詣の確立
 第七章 初詣をめぐる言説の生成と流通——〈上から〉のとらえ返し

終 章 鉄道が生み出した娯楽行事とナショナリズムの接合

初出一覧
あとがき
索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。