大学出版部協会

 

 ポスト社会主義国ウズベキスタンの経験ヴェールのなかのモダニティ

ヴェールのなかのモダニティ ポスト社会主義国ウズベキスタンの経験

A5判 292ページ
価格:6,820円 (消費税:620円)
ISBN978-4-13-026171-5 C3022
奥付の初版発行年月:2022年02月 / 発売日:2022年02月上旬

内容紹介

ロシア帝国支配期からソ連期、そしてソ連解体後のウズベキスタンにおいて、ムスリム女性が着用するヴェールは、いかなる社会の変容を映し出してきたのか。「ヴェールのない社会」の構築がもたらした社会の亀裂の背景を解き明かし、新たなモダニティのあり方を模索する。

著者プロフィール

帯谷 知可(オビヤ チカ)

京都大学東南アジア地域研究研究所准教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 章 ポスト社会主義国のヴェール/スカーフ問題への視座

第一部 モダニティの追求の磁場としてのウズベキスタン
第一章 ウズベキスタンの成立――一九二四年中央アジア民族・共和国境界画定
第二章 独立後のウズベキスタンのナショナリズムの光と影
第三章 宗教とモダニティの相剋――イスラーム観をめぐる亀裂

第二部 イスラーム・ヴェール問題の歴史的展開
第四章 中央アジアにおける女性の装いとヴェール
第五章 帝政ロシアの「ムスリム女性」と「ヴェール」をめぐる言説
第六章 ソ連期ウズベキスタンの「女性」と「ヴェール」をめぐる言説と表象

第三部 現代ウズベキスタンの「ヴェールの政治学」
第七章 権威主義体制とイスラーム過激主義問題
第八章 「女性」と「ヴェール」をめぐるポスト社会主義時代の語り
第九章 新たなヴェール、新たな言説――「ヒジョブ」問題 
終 章 モダニティの長い道程は再び開かれるのか


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。