大学出版部協会

 

 オリエンタリズムと〈裏返しのオリエンタリズム〉の間アラブ近代思想家の専制批判

アラブ近代思想家の専制批判 オリエンタリズムと〈裏返しのオリエンタリズム〉の間

A5判 384ページ
価格:9,240円 (消費税:840円)
ISBN978-4-13-026169-2 C3022
奥付の初版発行年月:2021年02月 / 発売日:2021年02月上旬

内容紹介

アラブ・イスラームにおける専制主義をめぐってナフダ(復興)第二世代と呼ばれる思想家たちは,近代を模索するアラブ世界をいかにとらえていたのか.自由や民主主義を希求し,現在にも連なる開かれた知を求める思想の展開を明らかにする.

著者プロフィール

岡崎 弘樹(オカザキ ヒロキ)

日本学術振興会特別研究員

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 章 問題の所在――独自性論批判
  一 『専制の性質』再考
  ニ 二つのアプローチで強調される専制の「不可避性」
  三 両アプローチへの反論
  四 三つの視角からみるナフダ第二世代の新たな専制批判
  五 本書の構成


第一部 「公正な専制者」からメカニズムの理解へ

第一章 独自性論の背景――ナフダ第一世代までの専制批判
  一 独自性論の背景
  ニ ズルムからイスティブダードへ
  三 1870年代以降の帝国主義と批判勢力のネットワーク

第二章 ムハンマド・アブドゥにおける二つの認識体系
     ――「公正な専制者」の概念の再検討
  一 はじめに――現状認識からの出発
  ニ ウラービー革命時代の専制批判
  三 敗北から亡命時代へ――帝国主義批判から再び教育者へ
  四 再び体制内改革派として――「公正な専制者」と認識の一貫性
  五 観念論と実体論の並存
 
第三章 観念化する専制批判――アラブ亡命知識人の源流
  一 共通の努力,共通のつまづき
  ニ ジャマールッディーン・アフガーニーの専制批判
  三 ハリール・ガーニムの専制批判
  四 観念化する専制批判

第四章 アディーブ・イスハークにおける自由と専制主義
     ――新しき政治規範と抑圧のシステム
  一 実践から理論へ
  ニ イスハークの政治的実践
  三 イスハークにおける〈政治的規範〉としての自由
  四 「抑圧のシステム」としての専制主義
  五 帝国主義の中の専制権力
  六 鏡としての〈自由〉と〈専制〉


第二部 専制システムの解体理論

第五章 進化論的アプローチによるアラブの専制批判
     ――シブリー・シュマイイルの思想を中心に
  一 〈共通の精神〉からみるアラブの進化論受容
  ニ アラブ近代思想における進化論の受容と専制批判
  三 改革実践のための進化論的アプローチ

第六章 アブドゥッラー・ナディームにおける〈金持ちの専制〉批判
     ――国民的団結を求めて
  一 民衆の立場から
  ニ 政治評論とフィクション
  三 『笑いと泣き』における特権層批判
  四 「狂信者」とのレッテルに抗して
  五 中流意識と生産階級の視角
  六 エリートの言語支配に抗して

第七章 『専制の性質』再考――西欧の影響とアラブの共通精神
  一 西欧の影響とアラブの共通精神
  ニ 『専制の性質』の政治的背景――アブデュルハミト体制の三つの権力基盤
  三 専制批判の理論的発展
  四 自己批判から政治固有の論理へ

結 論 ナフダ時代の専制批判から学ぶもの
  一 二つの循環論的な閉域
  ニ 民族主義,イスラーム主義,マルクス主義思想の閉塞性
  三 オリエンタリズムと〈裏返しのオリエンタリズム〉の間


The Arab Critique of Despotism in the Modern Age:
Between Orientalism and “Orientalism in Reverse”
Hiroki OKAZAKI


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。