大学出版部協会

 

 東アジア医療社会史暮らしのなかの健康と疾病

暮らしのなかの健康と疾病 東アジア医療社会史

A5判 296ページ
価格:4,620円 (消費税:420円)
ISBN978-4-13-020311-1 C3020
奥付の初版発行年月:2022年03月 / 発売日:2022年03月下旬

内容紹介

近世から現代の東アジア各地にて、人びとは日常のなかでいかに「健康=生存の質」を追求してきたのか。感染症対策をはじめとする様々な事例から、同地域の文化的共通点や相互交流、多様な健康観のせめぎあいや調整の実態を明らかにする。COVID-19の世界的流行下に、東アジアの歴史的経験を深く考察する。

著者プロフィール

福士 由紀(フクシ ユキ)

東京都立大学人文社会学部准教授

市川 智生(イチカワ トモオ)

沖縄国際大学総合文化学部准教授

アレクサンダー R ベイ(アレクサンダー ベイ)

Alexander R. Bay/チャップマン大学歴史学部准教授

金 穎穂(キム ヨンス)

延世大学校医科大学研究助教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに(編者) 

第1部 健康の語られ方 
第1章 「みみちかく、さとしやすき」養生論:近世前期の健康問答(趙 菁)
第2章 健康のための選択:近代韓国における大衆と医療(金 穎穂)
第3章 健やかな小学生:近代中国の教科書からみる健康観(戸部 健)
第4章 健康の売り文句:近代上海の肝油広告(福士由紀)
コラム 人新世的健康観(ハイン・マレー) 

第2部 政策と健康 
第5章 屎尿に対する認識の変化と下水処理化:明治期から戦後の日本(星野高徳)
第6章 ヒトの健康とウシの健康:畜牛結核対策の歴史(市川智生)
第7章 子供の健康と占領政策:日米の文脈比較(平体由美) 

第3部 環境と健康 
第8章 「風土病」をめぐる2つの発見(飯島 渉)
第9章 総力戦的予防:日本における住血吸虫症対策(アレクサンダー・R.ベイ)
第10章 暮らし・健康・地域社会:愛媛県三崎町でのリンパ系フィラリア症対策(井上弘樹) 

おわりに(福士由紀)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。