大学出版部協会

 

 共生に向けたインタラクション知の生態学の冒険 J・J・ギブソンの継承1 ロボット

知の生態学の冒険 J・J・ギブソンの継承
知の生態学の冒険 J・J・ギブソンの継承1 ロボット 共生に向けたインタラクション

四六判 212ページ
価格:3,520円 (消費税:320円)
ISBN978-4-13-015181-8 C3311
奥付の初版発行年月:2022年03月 / 発売日:2022年03月中旬

内容紹介

人間との関係やインタラクションに焦点を合わせ、〈お掃除ロボット〉や著者が開発した〈ゴミ箱ロボット〉といった「関係論的なロボット」の具体事例を紹介し、生態学的な観点からその実相を記述することで人間とロボットの共生の可能性を浮かび上がらせる。

著者プロフィール

岡田 美智男(オカダ ミチオ)

豊橋技術科学大学情報・知能工学系教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次



第1章 まわりを味方にしてしまうロボットたち 
1 お掃除ロボットのふるまいを観察してみる
2 〈ゴミ箱ロボット〉の誕生
3 わたしたちとロボットとの相補的な関係

第2章 ひとりでできるってホントなの? 
1 「ひとりでできるもん!」
2 冗長な自由度をどう克服するのか
3 機械と生き物との間にあるロボット
4 おぼつかなく歩きはじめた幼児のように
5 〈バイオロジカルな存在〉から〈ソーシャルな存在〉へ

第3章 ロボットとの社会的相互行為の組織化 
1 街角にポツンとたたずむロボット
2 〈アイ・ボーンズ〉の誕生
3 ティッシュをくばろうとするロボット
4 〈アイ・ボーンズ〉との微視的な相互行為の組織化

第4章 言葉足らずな発話が生み出すもの 
1 言葉足らずな発話による会話連鎖の組織化
2 日常的な会話に対する構成論的なアプローチ
3 今日のニュースをどう伝えるか
4 ロボットたちによる傾聴の可能性
5 大切な言葉をモノ忘れしたらどうか

第5章 ロボットとの〈並ぶ関係〉でのコミュニケーション 
1 公園のなかを一緒に歩く
2 ロボットと一緒に歩く
3 〈自動運転システム〉はどこに向うのか
4 ソーシャルなロボットとしての〈自動運転システム〉に向けて


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。