大学出版部協会

 

 EEGLABとSPMを使いこなす脳波解析入門 Windows10対応版

脳波解析入門 Windows10対応版 EEGLABとSPMを使いこなす

A5判 240ページ
価格:4,180円 (消費税:380円)
ISBN978-4-13-012118-7 C3011
奥付の初版発行年月:2020年12月 / 発売日:2020年12月中旬

内容紹介

脳波研究の魅力とその測定方法の基礎を押さえた上で,最新の脳波解析技術ではどんなことがわかるのか,フリーのソフトウェアであるEEGLAB,SPMのチュートリアルを含む,具体的な解析方法と合わせて解説する.推奨環境の変更に伴い,チュートリアルをアップデート.

著者プロフィール

開 一夫(ヒラキ カズオ)

東京大学大学院総合文化研究科教授

金山 範明(カナヤマ ノリアキ)

産業技術総合研究所研究員/広島大学大学院脳・こころ感性科学センター客員講師

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

Windows10対応版刊行にあたって
はじめに
刊行によせて

I 脳波研究へようこそ

第1章 脳波研究と認知科学の未来(開 一夫)
1 今なぜ脳波なのか 
2 認知科学と脳波研究――社会的認知の事例
3 本書の構成

第2章 脳波の測定・収録(金山範明)
1 脳波の測定に必要なもの 
2 脳波を測定するための注意点 
3 なぜその脳波実験は失敗したのか

II 脳波解析の実際:チュートリアル遂行の際の注意事項

第3章 収録データから脳波を抽出する(宮腰誠・金山)
1 脳波データのプリプロセスのパイプライン 
2 STUDYファイルを用いた集団解析 
3 技術的内容についての補足と説明

第4章 認知活動との関連を探る1:事象関連電位(松本 敦)
1 事象関連電位(ERP)とは何か 
2 新しいERP研究 
3 EEGLABによるERP解析

第5章 認知活動との関連を探る2:時間周波数解析(宮腰・金山)
1 脳波を検討する上での周波数という概念の考え方 
2 時間周波数解析を行う意義 
3 EEGLABによる時間周波数解析

第6章 認知活動との関連を探る3:独立成分分析クラスタリング
1 独立成分分析(ICA)クラスタリングとは何か 
2 ICAクラスタリングの有効性 
3 EEGLABにおけるICAクラスタリング

第7章 認知活動との関連を探る4:SPMを用いた脳波解析(河内山隆紀)
1 SPMとは 
2 SPMにおける脳波解析法の概要 
3 SPMにおける脳波データ解析法の原理と実際

終 章 新しい解析をどう使うか


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。