大学出版部協会

 

医療・介護のための死生学入門

医療・介護のための死生学入門

4月6日 272ページ
価格:2,600円+税
ISBN978-4-13-012063-0 C3010
奥付の初版発行年月:2017年08月 / 発売日:2017年08月下旬

内容紹介

医療・介護従事者のための死生学(リカレント教育)を中心となって担ってきた東京大学の人文社会系教員たちが,臨床における死生の問題にアプローチする.医学が対象とする生命を踏まえつつも,人生に注目し,〈死ぬ−看取る〉ことよりも,むしろ〈最期まで生きる−ケアする〉ことに関心を向ける.死ぬための死生学ではなく,生きるための死生学入門.


目次

はじめに(清水哲郎・会田薫子)
1 死生学とは何か——過去に学び,現在に向き合い,未来を展望する(池澤 優)
 1 序——あるサナトロジーの教科書
 2 死の認知運動と死の過程
 3 東京大学「死生学」プロジェクトの死生学構想
 4 なぜ過去(歴史)に向かい合う必要があるのか——私の「死生学」構想
2 臨床死生学の射程——「最期まで自分らしく生きる」ために(清水哲郎)
 1 [臨床]死生学について
 2 口から食べられなくなった時
 3 人生のために生命を支える
 4 皆で一緒に決めましょう—— 意思決定プロセスの進め方
 5 エンドオブライフ・ケア
 6 おわりに
3 意思決定を支援する——共同決定とACP(会田薫子)
 1 はじめに
 2 自己決定から共同決定へ
 3 事前支持からACPへ
 4 ACPへのフレイルの知見の導入
4 死生のケアの現象学(榊原哲也)
 1 はじめに
 2 「現象学」という哲学
 3 ベナー/ルーベルの現象学的人間観
 4 ベナー/ルーベルの現象学的看護理論
 5 死生のケアへの現象学的視点
5 死と看取りの宗教心理——自己の死と他者の死のつながり(堀江宗正)
 1 自己の死
 2 他者の死
6 死別をコミュニティで支えあう——地域協働的な死別体験者支援(山崎浩司)
 1 はじめに
 2 理論的背景とアプローチ
 3 死別をコミュニティで支えあうための具体的取り組み
 4 結論
7 終末期医療と法的課題——アメリカとの比較から(樋口範雄)
 1 はじめに——医療技術の発展とそれに対する対応
 2 アメリカの終末期医療と医療倫理
 3 終末期医療についての日本における法的課題
8 スピリチュアルケア——その概念と歴史的展望(島薗 進)
 1 スピリチュアリティとは何か
 2 欧米における現代スピリチュアルケアの興隆と日本への移入
 3 日本におけるスピリチュアルケアへの宗教者の関わり
 4 東日本大震災とスピリチュアルケア
 5 宗教者による自殺防止・自死遺族支援の活動
 6 おわりに

INTRODUCTION TO DEATH AND LIFE STUDIES FOR MEDICAL AND SOCIAL CARE
Tetsuro SHIMIZU and Kaoruko AITA, Editors


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。