大学出版部協会

 

 児童心理治療施設の総合環境療法子どもの心をはぐくむ生活

子どもの心をはぐくむ生活 児童心理治療施設の総合環境療法

四六判 272ページ
価格:3,400円+税
ISBN978-4-13-011142-3 C3011
奥付の初版発行年月:2016年05月

内容紹介

半世紀前に誕生した児童心理治療施設(情緒障害児短期治療施設)は,いま,虐待などの問題のために家庭を離れた子を,学びも含め「生活をまるごと支える」総合環境療法の場として,全国に展開しつつある.その現場の実践から,家族・学校・医療・福祉・司法へとひろがる子どものケアを考える.


目次

はじめに(滝川一廣)
第I章 入所した子どもたちの成長(髙田 治・下木猛史・高山嘉史・平岡篤武・山下聖隆)
1 外界で傷つくことを恐れて自分の世界に閉じこもっている子ども
2 外界から脅かされることに対して考えるよりも手を出してしまう子ども
3 受け止めてくれる存在を求めながら身を委ねられない子ども
4 家族との安全な距離を見つけた子ども——母親とのつながりを切らずに自立の道を選んだ女児

第II章 問題に取り組む 虐待・障害・暴力(中村有生・平田美音・堀 健一・髙田 治)
1 広汎性発達障害を疑われる子どもの育ち(中村有生)
2 性的被害を受けた子どもたち(平田美音)
3 暴力,性などの問題行動を予防する(堀 健一)

第III章 こころを育てる生活の器 調査から見えてくる総合環境療法(髙田 治)
1 児童心理治療施設(情緒障害児短期治療施設)の現況
2 調査について
3 入所している子どもたちの状況
4 入所による変化
5 児童心理治療施設が取り組むいくつかの課題について

第IV章 退園後の生活(谷村雅子)
1 退園後の生活調査
2 退園後の社会的状態
3 退園後の現在の心身の健康状態
4 退園後の施設との関係,アフターフォロー
5 まとめ

第V章 総合環境療法としての施設臨床 施設治療と「情短」,あゆみと展望(杉山信作)

おわりに(髙田 治)

あとがき(高田 治)
参考文献
資料
[資料1]子どもの状態像に関する調査
[資料2]退所児童に関する調査
[資料3]広汎性発達障害を疑われる子どもへの支援の覚書


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。