大学出版部協会

 

 感性をとらえなおす生態学的知覚システム

生態学的知覚システム 感性をとらえなおす

A5判 430ページ
価格:5,280円 (消費税:480円)
ISBN978-4-13-011130-0 C3011
奥付の初版発行年月:2011年05月

内容紹介

アフォーダンス,生態光学,直接知覚論はここから始まった.知覚者は,環境からの刺激を静的に受けて再構成しているのではなく,取り巻く環境とダイナミックに関係することで世界を直接的に知覚している,など従来の古典的知覚論の図式を乗り越えるギブソン心理学の転換点.James Jerome Gibson, The Senses Considered as Perceptual Systems, Boston:Houghton Mifflin, 1966を全訳する.


目次

日本語版への序(エレノア・ギブソン)
はじめに
エピグラフ
序 章
第1章 刺激作用の源としての環境
第2章 刺激作用の獲得
第3章 知覚システム
第4章 基礎定位システム
第5章 聴覚システム
第6章 触覚システムとその構成要素
第7章 触覚−身体覚システムの能力
第8章 知覚システムとしての味わうことと嗅ぐこと
第9章 視覚システムの進化
第10章 視覚システム——環境の情報
第11章 技術による光の構造化
第12章 包囲情報のピックアップ——走査
第13章 情報ピックアップ理論
第14章 不完全な知覚の諸原因
結 論
訳者あとがき


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。