大学出版部協会

 

 アフォーダンスのルーツと尖端生態心理学の構想

生態心理学の構想 アフォーダンスのルーツと尖端

A5判 232ページ
価格:3,520円 (消費税:320円)
ISBN978-4-13-011116-4(4-13-011116-7) C301
奥付の初版発行年月:2005年02月

内容紹介

人間の心を扱うとする諸学問のなかで,“行動の科学”としての心理学にはいかなる未来がありうるか?——語りつくせない意味が埋めこまれた世界を直接知覚し生きる生命の具体性をみすえ,“アフォーダンス”のルーツともいうべき古典から,最新のアプローチまで,生態心理学の枠組みを表現する基本的かつ記念碑的リーディングス.


目次

序章 なぜ世界を直接知覚できるのか(佐々木正人)
1 心理学に未来はあるか(エレノア・ギブソン/本多啓訳)
2 知覚の発達のための生態心理学者のプロレゴメナ(エレノア・ギブソン/堀口裕美訳)
3 フロイト流の意図(エドウィン・ホルト/本多啓訳)
4 特定化と感覚(トーマス・シュットフレーゲン&ベノイト・バーディ/丸山慎訳)
5 生態物理学と物理心理学の構築にむけて(マイケル・ターヴェイ&ロバート・ショウ/?_ス絢ァ椹暗菁酣渓_
終章 生態学的であること(三嶋博之)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。