大学出版部協会

 

 ベンヤミン、アドルノ、クルーゲ〈救済〉のメーディウム

〈救済〉のメーディウム ベンヤミン、アドルノ、クルーゲ

四六判 472ページ
価格:5,900円+税
ISBN978-4-13-010130-1 C3010
奥付の初版発行年月:2016年09月

内容紹介

ベンヤミン,アドルノ,クルーゲが対峙した映画や音楽,テレビといったメーディウム.それらはありえたはずの過去と来るべき未来が交錯し,〈救済〉の瞬間が顕現する媒体でもあった.彼らのテクストを内在的に精読することで,そこに孕まれるアクチュアリティを再起動し,〈救済〉の音楽を鳴り響かせる.


目次

序 論 フランクフルト学派のアクチュアリティ

第I部 救済の美学
第1章 「無声映画の革命的優位性」——初期ベンヤミンにおける〈沈黙〉と〈音楽〉
第2章 解体と再生の遊戯——ベンヤミン「複製技術時代の芸術作品」について
第3章 補論1 外来語の救済——初期アドルノにおけるクラウス的な主題をめぐって

第II部 メーディウムとしての芸術作品
第4章 芸術の認識機能——アドルノのシェーンベルク論をめぐって 
第5章 破壊と救済のはざまで——アドルノ美学におけるキッチュの位置
第6章 補論2 挑発としての擬態——アドルノ文化産業論再考

第III部 変容する投壜通信
第7章 投壜通信からメディア公共圏へ——アドルノとクルーゲ
第8章 労働のメタモルフォーゼ——ネークト/クルーゲ『歴史と我意』(1981)をめぐって
第9章 マルクス主義の死後の生——クルーゲ『イデオロギー的な古典古代からのニュース』

あとがき
索引

The Medium of Redemption : Benjamin-Adorno-Kluge
Yoshikazu TAKEMINE


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。