大学出版部協会

 

 マルクスとリービヒ増補新装版 農学の思想

UPコレクション
増補新装版 農学の思想 マルクスとリービヒ

四六判 304ページ
価格:3,600円+税
ISBN978-4-13-006525-2 C1361
奥付の初版発行年月:2014年09月

内容紹介

有機農業を破壊した元凶として不当におとしめられたリービヒをマルクス的理解にもとづき再評価する.「有機農法」に対する関心の高まりとそれと裏腹の関係にある農薬・肥料公害,自然破壊の問題に,あるべき農学を提起する.あらたに「補論 マルクスの自然概念・再考」を増補する.


目次

まえがき
序章 日本の農業と西洋の農業
第一章 リービヒの農学——その思想と科学
第二章 ローズおよびギルバートに代表される近代的農業論
第三章 国民経済学的地力概念————J・コンラートのリービヒ批判
第四章 土地に関する思想——歴史的考察
第五章 マルクスとリービヒ
補論 マルクスの自然概念・再考


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。