大学出版部協会

 

 自然災害とコロナ問題を踏み分けて病災害の中のしあわせ

病災害の中のしあわせ 自然災害とコロナ問題を踏み分けて

A5判 272ページ 並製
価格:1,980円 (消費税:180円)
ISBN978-4-903281-53-7 C0036
奥付の初版発行年月:2021年12月 / 発売日:2021年12月下旬

内容紹介

世界のしあわせを響創するための学際的な研究を行い、自他ともにしあわせを享受できる世界の実現に貢献することを目的として設立された、「しあわせ研究所(武蔵野大学)」のシンポジウム「『不可避的な病災害のなかでのしあわせ学』序説」をベースにして編集された、「武蔵野大学しあわせ研究所叢書」の創刊号。

著者プロフィール

西本 照真・一ノ瀬 正樹(ニシモト テルマ イチノセ マサキ)

西本照真
武蔵野大学学長、アントレプレナーシップ学部教授。仏教学専攻。おもな著書に『三階教の研究』(春秋社)、『「華厳経」を読む』(角川学芸出版)などがある。

一ノ瀬正樹
武蔵野大学人間科学部教授、東京大学名誉教授。オックスフォード大学名誉フェロウ。博士(文学)。哲学専攻。おもな著書として『いのちとリスクの哲学』(ミュー)、『死の所有』(東京大学出版会)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

■目次

◎序章 「しあわせ」の二極性から「個人」概念の深みへ(一ノ瀬正樹)

◎第1部 現象への接近
・第1章 新型コロナウイルスのしあわせな終息にむけて(水谷哲也)
・第2章 医薬品の開発と承認審査感染症領域を中心に(永井尚美)
・第3章 働くことに内在する「つながり」の視点在宅勤務について考える(渡部博志)

◎第2部 倫理的アプローチ
・第4章 自然の脅威とレジリエンスについて考える(中板育美)
・第5章 自然災害と感染症に立ち向かう倫理(一ノ瀬正樹)
・第6章 不可避な事態と幸福学(前野隆司)
・第7章 ブッダの言葉に見る不可避の老病死としあわせ(西本照真)

◎第3部 文化からの分析
・第8章 日本における仏教と疫病の歴史(日野慧運)
・第9章 鴨長明の『方丈記』と災害(藤原克己)
・第10章 病気と向き合う仏教(石上和敬)

◎第4部 パネルディスカッション
病災害の中のしあわせ
自然災害とコロナ問題を踏み分けて

◎あとがき(西本照真)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。