大学出版部協会

 

性差についてのカントの見解

性差についてのカントの見解 Immanuel Kant zur Geschlechterdifferenz : aufklärerische Vorurteilskritik und bürgerliche Geschlechtsvormundschaft

A5判 342ページ 上製
定価:3,400円+税
ISBN978-4-88125-149-2(4-88125-149-X) C3010
奥付の初版発行年月:2004年06月

内容紹介

保守的な女性観を持つとされてきたカントの「遺稿」や「メモ」を丹念に探ると、別の新しいカント像が浮上する。著者はカントの女性観の変遷を辿り、その交友についても調べ、彼の性差の見解を考察する。

著者プロフィール

U. P. ヤウヒ(ヤウヒ,U. P.)

1959年生まれ
1987年 博士号取得
1996年からチューリッヒ大学私講師
2003年 同大学哲学・文化史科教授
主な著作
『淑女の哲学と男性の道徳―修道僧ジェラルドからマルキ・ド・サドまで』Passagen-Verlag, Wien, 1990.
『機械の彼方へ―ラメトリーにおける哲学と皮肉と美学』Carl Hanser Verlag, München, 1998.
『バーナード・マンデヴィル―悪辣な公的売春宿への論難書』Carl Hanser Verlag, München, 2001.
『ホモ・ルーデンス―人間,そして演者』Publikation in der Schriftenreiche der BAnk Vonlobel, Zürich, 2001. 他

菊地 健三(キクチ ケンゾウ)

1946年 秋田県生まれ
1981年 専修大学大学院博士後期課程修了。同大学専任講師。
1990年 同大学教授
主な著作
『近代的人間の現況』(共著)勁草書房,1986年。
『ジル・ドゥルーズの試み』(共著)北樹出版,1994年。
『美は無根拠か?』(共著)大明堂,1996年。他

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序章  問題の地平としての啓蒙と偏見批判
第1章 文献におけるカント像―「女性にいんぎんな先生」,多面的に女らしさを論ずる理論家,あるいは家父長的アンチ・フェミニスト
第2章 カントの「女性論」における方法について―「分析学」としての人間学から「実用的見地における人間学」へ
第3章 「女性」を論じる以前のカントの女性観―女性の「学識」との最初の出会い
第4章 女性なるものへの体系的アプローチー『美と崇高』
第5章 自己啓蒙と性的後見
第6章 両性間における平等原理へのアプローチ
第7章 カント、ヒッペルおよび『女の市民的改善』


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。