大学出版部協会

 

 8人の鑑定ノートと危機理論かれらはなぜ犯罪を犯したか

かれらはなぜ犯罪を犯したか 8人の鑑定ノートと危機理論

四六判 290ページ 上製
価格:2,530円 (消費税:230円)
ISBN978-4-88125-084-6(4-88125-084-1) C1011
奥付の初版発行年月:1996年07月

内容紹介

幼児期の母性剥奪、児童期の社会化失敗、青年期の目標拡散などが人間の発達にどう影響するのか… 多くの非行・犯罪者を鑑定した著者が、「危機理論」で実在の事件を分析した異色の犯罪心理ドキュメント。

著者プロフィール

森 武夫(モリ タケオ)

1929年 東京生まれ。東京大学文学部心理学科卒業。
家庭裁判所調査官(静岡,最高裁 東京)を経て1975年より専修大学教授。
『犯罪心理学入門』大成出版,1978。『少年非行の研究』一粒社,1986。『日本型・少年非行』(共編著)創元社,1982。『教育催眠学』(共著)誠信書房,1966。『青年の臨床心理』(共著)誠信書房,。『犯罪心理学』(共著)新曜者,1974。『犯罪心理学』(共著)有斐閣。『日本の犯罪学』(共著)東京大学出版会。『刑事鑑定の理論と実際』(共著)成文堂。『少年の暴力』(共著)立花書房。『矯正教育学入門』(共著)大成出版。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序章 札束投げ入れ事件
家庭の負因
発達と発達課題
危機理論とはなにか
大人の愛し方を知らない男
分不相応の夢を追いつづけた男
家族的団らんの夢を求めて
Oの凶悪な犯罪の起源はなにか…
父の愛を取りもどすための破滅?
覚醒剤による二重人格殺人か
金のためか、遺恨からか
恨みの親殺しか、親子心中の失敗か
連続射殺事件
青年期危機による非行
終章 現代社会と危機理論


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。