大学出版部協会

 

 地理学的アプローチ人口減少と地域

人口減少と地域 地理学的アプローチ

A5判 352ページ
価格:4,730円 (消費税:430円)
ISBN978-4-87698-725-2 C3025
奥付の初版発行年月:2007年09月 / 発売日:2007年09月中旬

内容紹介

職を求め地方へと還流する若者, 片親や独居といった世帯の多様化,流入する移民と減少する国内人口ーー今や喫緊の解決を要する日本の人口問題.人々はどのように日本を駆けめぐり,どこへ向かうのか? ライフサイクルと「移動」を切り口に,地域間・世代間の統計比較を駆使した共同研究.地図で読み解く,少子高齢化社会・日本の将来像.


目次

序 章 人口減少社会の課題と展望[石川 義孝]
I 議論の背景
II 本書の特色と意義
III 国際比較研究の可能性
IV 本書の構成

第I部 出生・家族・引退・死亡

第1章 世帯の多様化の地域的差異[由井 義通]
I はじめに
II 世帯の多様化
III 単独世帯の増加の地域差
IV 婚姻状態の地域差
V 出生率の地域差
VI おわりに
第2章 引退移動の動向と展望—団塊の世代に注目して—[田原 裕子]
I はじめに
II 高齢人口の分布変動と引退世代の動向
III 団塊世代の引退移動に対する地方の期待
IV 引退移動を抑制する要因
V おわりに
第3章 日英比較を通してみる所得格差と健康格差の地理[中谷 友樹]
I はじめに
II 相対所得仮説の‘natural experiment’
III 分析資料と方法
IV 分析結果
V 考  察
VI おわりに

第II部 日本人の移動

第4章 全国年齢階級別市区町村間人口移動パターンの経年変化[矢野桂司]
I はじめに
II 男女別年齢階級別市区町村間人口移動データの推計
III 年齢階級別市区町村間人口移動パターン
IV 空間的相互作用モデルによる人口移動要因の分析
V おわりに:国内人口移動の将来予測の可能性
第5章 高齢者による都道府県間移動の地域性[平井 誠]
I はじめに
II 都道府県間移動者の属性
III 都道府県間移動の地域性
IV おわりに
第6章 人口漸減都市における移動行動の男女差
    —福井市の住民異動届データを用いて—[田中 和子]
I はじめに
II 分析対象都市と資料
III 市町村単位での移動率と移動範域にみられる全国的・地域的傾向
IV 福井市の人口移動特性
V おわりに
第7章 山形県庄内地域出身者のUターン移動[江崎 雄治,山口 泰史,松山 薫]
I はじめに
II 現地調査の概要
III 調査結果の分析
IV 地方圏における若年人口減少とUターン
V おわりに

第III部 外国人の移動

第8章 日本に在住する外国人の国内移動にみられる地域性
       [千葉 立也,石川 義孝,カオ リー リャウ]
I はじめに
II 外国人による国内移動の空間的範囲と国籍による違い
III 都道府県間移動の地域性
IV 大都市圏における外国人居住者の移動と郊外化
V まとめ
第9章 わが国在住外国人による都道府県間移動からみた目的地選択
                [石川 義孝,カオ リー リャウ]
I はじめに
II データ
III 特  徴
IV 多変量解析
V モデルの適用結果
VI 結  び
第10章 日本への流入外国人による目的地選択[カオ リー リャウ,石川 義孝]
I はじめに
II 理論的な見方
III 流入外国人の特徴
IV 多変量解析
V 結  び
第11章 日本への外国人流入からみた国際移動の女性化
 —国際結婚を中心に—[落合 恵美子,カオ リー リャウ,石川 義孝]
I 「国際移動の女性化」と「再生産のグローバル化」
II 女性の国際移動の日本的特徴
III 分析の目的と方法
IV 増加する外国人女性とその国籍
V 新規流入外国人女性の地理的分布
VI 東北地方の「嫁」とその他の「外国人妻」
VII 日本の入国管理政策の効果—中国とカナダとの比較
VIII 結  び

引用文献
あとがき
索  引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。