大学出版部協会

 

 翻刻・翻訳と研究(上)アーネスト・F・フェノロサ文書集成

アーネスト・F・フェノロサ文書集成 翻刻・翻訳と研究(上)

A5判 342ページ
価格:6,160円 (消費税:560円)
ISBN978-4-87698-096-3(4-87698-096-9) C3070
奥付の初版発行年月:2000年06月 / 発売日:2000年06月上旬

内容紹介

帝国博物館(現東京・京都・奈良国立博物館)・東京美術学校(現東京芸術大学)の創設に参画,明治期の美術教育や文化財行政に大きな役割を果たしたフェノロサの遺稿を,日本のフェノロサ研究の第一人者が整理・翻刻し,自身の研究・解説を付して翻訳・紹介する.日本近代の美術史,異文化交流史を研究する上で不可欠な資料の集成.


目次

はじめに

I 来日以前
第1章 アメリカ建国百周年記念フィラデルフィア万国博覧会見学手記(1876年9月27日~10月5日)

II 第1次来日期(1878~90年/明治11年8月9日~23年7月6日)
第2章 日光避暑・スケッチ日記
    (明治12年[1879]7月14~24日)
第3章 美術真説とフェノロサ遺稿
第4章 東西の出会い ─ フェノロサと芳崖
第5章 フェノロサ、芳崖と仏画復興
    ─ 鑑画会における一講演を中心に
第6章 フェノロサの宝物調査と帝国博物館の構想
第7章 北野天満宮蔵「米国人フヱノロサ氏御縁起評」
第8章 お雇い外国人と黎明期の文化財行政
    ─ ワグネル、キョソーネ、フェノロサ
第9章 ヘンリー・アダムスの東遊
    ─ 骨董と涅槃を求めて
第10章 フェノロサと岡倉の足跡
第11章 フェノロサと岡倉の足跡を尋ねて
    ─ 明治19~20年の欧米美術視察
第12章 若き天心を彩るもう一人の「恋人」
    ─ オペラ歌手クララ・ケロッグ宛の書簡5通
第13章 フェノロサと日本の工芸
第14章 仏教研究ノート(明治18年 [1885] 6月8日)
第15章 仏教の五大原則 第16章 真、善、美と思想
    (「霊性ノ三元素(真、善、美)」の草稿、新訳と原文)
第17章 日本の仏教とキリスト教の現状
    ─『ライト』誌宛投書草案
第18章 ビゲロウ博士(月心居士)来日百周年に寄せて
第19章 W. S.ビゲロウとボストン美術館日本部の創立

初出一覧
付録:『ハーヴァード大学ホートン・ライブラリー蔵フェノロサ資料』I~III 目次
上巻あとがき


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。