大学出版部協会

 

清代帆船沿海航運史の研究

関西大学東西学術研究所研究叢刊33
清代帆船沿海航運史の研究

B5判 738ページ 上製
定価:8,000円+税
ISBN978-4-87354-482-3 C3022
奥付の初版発行年月:2010年01月 / 発売日:2010年01月下旬

内容紹介

17世紀後半において清朝中国が沿海民衆の海上活動を認めると、沿海民衆は帆船ジャンクを用いて盛んに海上活動を行っている。その活動の舞台は、北は渤海から黄海・東シナ海・台湾海峡・南シナ海などの中国沿海が主要な海域であった。しかし、その帆船活動の実態はこれまで明らかでなかったが、本書はその実態を解明している。


目次

口 絵 

目 次
序 論 清代帆船沿海航運史の研究
第1編 清代帆船の朝鮮・日本・琉球漂着史料
第2編 清代帆船山東・東北・天津沿海の航運業の展開  
第3編 清代帆船浙江沿海の航運業の展開
第4編 清代帆船福健沿海の航運業の展開    
第5編 清代帆船粤東・台湾沿海の航運
終 章 清代帆船の航運活動について
後 記
【資料編】
【初出一覧】
【中文提要】
【跋文】
【事項索引】


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。