大学出版部協会

 

 冷戦期日本の表現と運動対抗文化史

対抗文化史 冷戦期日本の表現と運動

A5判 370ページ 上製
価格:6,050円 (消費税:550円)
ISBN978-4-87259-739-4 C3000
奥付の初版発行年月:2021年10月 / 発売日:2021年10月上旬

内容紹介

分断と圧力に直面する冷戦期東アジアにおいて表現の自由が許された特別な空間、日本。核や米軍基地、アジア諸国との関係、高度経済成長に伴う様々な矛盾をめぐって、アメリカの従属的パートナーを前提とするのではない別のあり方=対抗文化を目指す表現者が生まれた。文学・絵画・映画・演劇といった多彩な対抗的表現はいかに生み出されたのか。表現と想像力の豊かな可能性をたどる--。
敗戦後の日本の歩みは米軍占領下から始まった。すでに始まっていた冷戦に規定されて、対日占領政策の基調は、非軍事化・民主化から、経済復興・反共防波堤建設へと変化していく。日本が独立を回復したのは冷戦下の局地的熱戦としての朝鮮戦争のもと、アメリカの同盟国としてであり、以後、対米従属のもとでの経済復興・経済成長が政治的・経済的基調となり、社会や文化の動向もそれに強く規定されることになった。
 しかし、冷戦期の日本においては、基地や核やアジア諸国との関係をめぐって、あるいは同時期に進行した高度経済成長にともなう諸矛盾をめぐって、この基調にそって発想することを自明の前提とせず、別のあり方を構想しようとする想像力をそなえた人々が数多く存在していた。本書はそのような人々の遺した多様な表現を「対抗文化」と捉え、表現と社会の関わりを重視しつつ、文学・思想史・歴史学・社会学などの人文社会科学から実像に迫る。

著者プロフィール

宇野田尚哉(ウノダショウヤ)

大阪大学大学院文学研究科教授
『復刻版 ヂンダレ・カリオン』(解説、不二出版、2008 年)、『「在日」と50 年代文化運動』(ヂンダレ研究会編、人文書院、2010 年)、『復刻版 山河』(解説、三人社、2016 年)、『「サークルの時代」を読む―戦後文化運動研究への招待』(共編著、影書房、2016 年)、『京大生小野君の占領期獄中日記』(共編、京都大学学術出版会、2018 年)など。

坪井秀人(ツボイヒデト)

国際日本文化研究センター教授
『声の祝祭―日本近代詩と戦争』(名古屋大学出版会、1997 年)、『感覚の近代―声・身体・表象』(名古屋大学出版会、2006 年)、『性が語る―20 世紀日本文学の性と身体』(名古屋大学出版会、2012 年)、『二十世紀日本語詩を思い出す』(思潮社、2020 年)、『戦後日本を読みかえる』全6 巻(編著、臨川書店、2018-2019 年)、『戦後日本文化再考』(編著、三人社、2019 年)など。

キアラ・コマストリ(キアラ コマストリ)

オックスフォード大学歴史学研究科博士課程
「原爆被害者と農村女性をつなぐ〈表現〉と〈運動〉―山代巴と手記集『原爆に生き
て』をめぐって―」(『原爆文学研究』、花書院、2019 年)など。

川口隆行(カワグチタカユキ)

広島大学大学院人間社会科学研究科教授
『原爆文学という問題領域』(創言社、2008 年、増補版2011 年)、『「サークルの時代」を
読む―戦後文化運動研究への招待』(共編著、影書房、2016 年)、『〈原爆〉を読む文
化事典』(編著、青弓社、2017 年)。

木下千花(キノシタチカ)

京都大学大学院人間・環境学研究科教授
『溝口健二論―映画の美学と政治学』(法政大学出版局、2016 年)、「母の褒め殺し―
現代日本映画における“ 毒母” など」(『世界』2021 年6 月号)。

森岡卓司(モリオカタカシ)

山形大学人文社会科学部教授
『一九四〇年代の〈東北〉表象 文学・文化運動・地方雑誌』(共編、東北大学出版会、
2018 年)。

鳥羽耕史(トバコウジ)

早稲田大学文学学術院教授
『運動体・安部公房』(一葉社、2007 年)、『1950 年代 「記録」の時代』(河出書房新社、
2010 年)、『安部公房 メディアの越境者』(編著、森話社、2013 年)など。

小杉亮子(コスギリョウコ)

埼玉大学教養学部教員
『東大闘争の語り―社会運動の予示と戦略』(新曜社、2018 年)、『メディアがひらく
運動史―社会運動史研究3』(共編、新曜社、2021 年)。

ニコラス・ランブレクト(ニコラス ランブレクト)

大阪大学大学院文学研究科助教
New Arrivals: Returnee Identity and the Memory of Repatriation in Japanese Literature (シカゴ
大学博士論文、2019 年)、“Globalizing Global Japanese Studies: Interests, Expectations, and
Expertise”(『越境文化研究イニシアティヴ論集』、2020 年)。

佐藤 泉(サトウイズミ)

青山学院大学教授
『漱石 片付かない〈近代〉』(日本放送出版協会、2002 年)、『戦後批評のメタヒストリー
近代を記憶する場』(岩波書店、2005 年)、『国語教科書の戦後史』(勁草書房、2006 年)、
『異郷の日本語』(共著、社会評論社、2009 年)、『一九五〇年代、批評の政治学』(中央
公論新社、2018 年)など。

成田龍一(ナリタリュウイチ)

日本女子大学名誉教授
『近現代日本史との対話』(2 冊、集英社新書、2019 年)、『歴史論集』(3 冊、岩波現代
文庫、2021 年)など。

徐潤雅(ソ ユナ)

立命館大学コリア研究センター客員研究員
「富山妙子における「新しい芸術」の模索―敗戦後から1960 年代までを中心に」(『東
洋文化』第101 号、東京大学東洋文化研究所、2021 年)など。

高 榮蘭(コウ ヨンラン)

日本大学教授
『戦後というイデオロギー』(藤原書店、2010 年)、『検閲の帝国』(共編著、新曜社、2014
年)、論文「女たちの記憶と翻訳政治」(『戦後日本文化の再考』三人社、2019 年)など。

村上克尚(ムラカミカツナオ)

東京大学大学院総合文化研究科准教授
『動物の声、他者の声―日本戦後文学の倫理』(新曜社、2017 年)、「動物から世界へ
―津島佑子「真昼へ」におけるアイヌの自然観との共鳴」(『言語社会』、2020 年3 月)
など。

石川巧(イシカワタクミ)

立教大学文学部教授
『高度経済成長期の文学』(ひつじ書房、2012 年)、『「月刊読売」解題・詳細総目次・執
筆者索引』(三人社、2014 年)、『幻の雑誌が語る戦争』(青土社、2017 年)、『幻の戦時
下文学』(青土社、2019 年)など。

大塚英志(オオツカエイジ)

まんが原作者 国際日本文化研究センター教授
まんが原作に『クウデタア』(KADOKAWA、2017 年)など、評論に『大政翼賛会のメ
ディアミックス』(平凡社、2018 年)、『「暮し」のファシズム』(筑摩新書、2021 年)な
ど。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序論 宇野田尚哉



第1部 1945~1959



第1章 戦後大阪の華僑系新聞と在日朝鮮人―東アジア現代史のなかの『国際新聞』 宇野田尚哉 



第2章 山代巴の原点―処女作「蕗のとう」をめぐって キアラ・コマストリ 



第3章 被爆者支援運動と手記集『原爆に生きて』 川口隆行 



第4章 胎児が密猟するまで―原水爆禁止運動と生政治 木下 

千花



第5章 「地域」の再発見―基地闘争下の共同制作童話「山が泣いてる」 森岡卓司 



第6章 きりえ画家・滝平二郎の誕生―連環画から挿絵へ 鳥羽耕史 



第2部 1960~1979



第7章 問い直される大学の境界―1968〜69年東大闘争 小杉亮子 



第8章 バリケードの中の五木寛之―放浪、引揚げ、学生運動 ニコラス・ランブレクト 



第9章 路上の詩想―寺山修司と〈1968〉 坪井秀人 



第10章 1970年前後、在日朝鮮人文学者の言語論―文学批評の言語論的転回を背景として 佐藤 泉 



第11章 『日本沈没』の沈没―1973年の日本の心性史 成田龍一 



第12章 富山妙子の目に映った韓国―《朝鮮風景》からスライド『倒れた者への祈祷』まで 徐 潤雅 



第3部 1980~1989



第13章 文学者の反核声明と韓国民主化支援の時代

―HIROSHIMA・冷戦・光州 高 榮蘭 



第14章 ポストリブの時代における「母性」の問題

―津島佑子「伏姫」を手がかりに 村上克尚 



第15章 ドキュメンタリー映画の闘争―「山や谷ま

 やられたらやりかえせ」を読む 石川 巧 



第16章 1980年代とサブカルチャー―大塚英志さんに聞く  



あとがき 坪井秀人

 

著者紹介


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。