大学出版部協会

 

 都市空間に刻まれた変容の歴史ベルリン、歴史の旅

阪大リーブル25
ベルリン、歴史の旅 都市空間に刻まれた変容の歴史

四六判 328ページ 並製
価格:2,420円 (消費税:220円)
ISBN978-4-87259-308-2 C1322
奥付の初版発行年月:2010年10月 / 発売日:2010年10月上旬

内容紹介

第一次大戦の敗北と虚脱,激しいインフレ,ワ
イマール共和国の首都,ナチス支配の中心,そ
して壁建設と東西冷戦の最前線へ.20世紀を通
し,ベルリンほど歴史の荒波に翻弄された都市は
ない.ユダヤ系の文人や芸術家が活躍し,独自の
都市文化を生んだ都市.毎年のように現地を訪問
し,陰と陽の両側面からベルリンの魅力的貌を紹
介.


目次

序 『舞姫』のベルリン

枠構造の都市小説『舞姫』  
「歐羅巴の新大都」ベルリン  
「この自由なる大学」フリードリヒ・ヴィルヘルム大学  
獣苑(ティーアガルテン)  
「半天に浮かび出でたる凱旋塔の神女の像」  
クロスター巷の古寺  
マリーエン教会   
「天に身を落とす」エリスの住まい  
豊太郎の住むモンビシュウ街
ホテル・カイザーホーフ  公と私の対立構造

Ⅰ 中世から始まるベルリンの歴史

ケルンとベルリン—双子都市の誕生
熊の紋章とベルリン、ケルンの語源  
橋で繋がれた古ベルリン地区とケルン地区
メムハルトのベルリン最古の地図  
ウンター・デン・リンデンの建設
新地区の成立  
武器庫(Zeughaus)と「瀕死の戦士」の彫刻  
選帝侯から国王へ・王都ベルリンの誕生  
王宮とシャルロッテン宮  
軍人王フリードリヒ・ヴィル
ヘルム一世とプロイセン・ミリタリズム  
フリードリヒ二世(大王)と無憂宮  
フリードリヒ・フォーラムのオペラハウス  
王立図書館(コモーデ)  
フンボルトが創設したベルリン大学  
ナポレオン戦争と「ドイツ国民に告ぐ」  
日本人留学生も学んだ学都ベルリン

Ⅱ 凱旋パレードの舞台としてのリンデン街

ブランデンブルク門
ナポレオン軍にる城洗礼
「馬車泥棒」ナポレオン
フリードリヒ大王の騎馬像  
三月革命の挫折と王権の再興  
ビスマルクの登場、ケーニヒグレーツの会戦  
普仏戦争の勝利とドイツ帝国の樹立  
凱旋パレード  
「新ノイエ・ヴァッヘ衛兵所」  
帝政ドイツの官庁街・ヴィルヘルム通り 
狂気の果ての夢の跡  

Ⅲ 世紀末ベルリンと第一次大戦の敗北

科学技術の発展と都市基盤の充実  
国会議事堂の建設  
第一次大戦の勃発とウンター・デン・リンデン街の軍事パレード 
敗戦と帝政の崩壊、共和国家の誕生  
皇帝の退位から共和国宣言へ  
混乱の続く首都ベルリン 
政治空間の移動・共和国(旧国王)広場からヴィルヘルム街へ  
西の繁華街クーアフュルステンダムと大衆文化の繁栄
ドイツ映画の黄金期伝説のベルリン・カフェ
旧オーストリアやロシアの詩人たち
膨張を続けるベルリン 
エーベルトの死とヒンデンブルクの大統領選出

Ⅳ 寛容と迫害の都市空間

—ユダヤ文化の開花と抑圧—
啓蒙主義の首都
メンデルスゾーン、レッシング、ニコライの交友 
ユダヤ人女性主催の
文学サロンと出版人ニコライ
ベルリン最初のユダヤ人墓地  
ユダヤ系市民の活躍   
ヴァイセンゼー・ユダヤ人墓地  
「穀倉地区」への東方ユダヤ人の流入

Ⅴ 歴史の激動に翻弄されるベルリン

—ヴァイマル共和国の終焉から第三帝国を経て東西の分断へ—
シュトレーゼマンの葬儀  
ヒトラーの首相就任  
国会炎上  
オペラ座広場での焚書  
すべてを取り込むナチスの演出  
ナチス第三帝国の中枢・ヴィルヘルム街  
ベルリン・オリンピック  
第二次世界大戦と第三帝国の崩壊
廃墟のベルリン  
米英仏ソの四カ国共
同管理下のベルリン  
ドイツ民主共和国(DDR)の首都再建  
東西冷戦の最前線  
壁の構築・引き裂かれた都市ベルリン  
壁の展示場

Ⅵ 壁の崩壊と再統一

「陸の孤島」西ベルリン  
封殺されたブランデンブルク門  
地下鉄の幽霊駅  
都心の国境
駅・フリードリヒシュトラーセ駅  
対立緩和への動き  
交通の要衝・ポツダム広場  廃
墟のポツダム広場  
壁が走る冷戦下の最前線  
首都再生の拠点  
歴史を刻む国会議事堂  
国会議事堂の再建  
再生の首都を一望する展望テラス  
新首相府と新中央駅  








一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。