大学出版部協会

 

 制度と倫理日米の医療

日米の医療 制度と倫理

A5判 274ページ 並製
価格:2,640円 (消費税:240円)
ISBN978-4-87259-261-0 C3036
奥付の初版発行年月:2008年11月 / 発売日:2008年11月中旬

内容紹介

医療保険制度、医学と治療、遺伝子研究なども含めた広義の意味での医療において、日米両国間には共通点と相違点が交錯している。
本書では、その日米両国の医療分野における歴史的展開と現状を、「制度」と「倫理」という二つの切り口から分析する。


目次

第Ⅰ部医療と制度
第1章 医療制度の現状 (高山一夫)
1 医療保障面からみた米国の医療制度
2 米国の医療提供システムと医療費
3 米国医療から何を学ぶか

第2章 アメリカの民間医療保険制度の起源 (山岸敬和)
−国家、医師会、第二次世界大戦
1 1930年代までのアメリカ医師会と医療保険
2 第二次世界大戦と医療保険
3 公的保険への代替としての民間保険

第3章 1950年「社会保障制度に関する勧告」の再検討 (杉田米行)
1 社会保障制度の勧告に対する従来の評価とその問題点
2 社会保障制度審議会設立までの経緯−公的扶助が戦後社会保障の始まり
3 社会保障制度審議会の議論
4 社会保障制度審議会の影響とその原因

第4章 福祉国家に関する意識の日米比較 (菊澤佐江子)
1 福祉国家論における日本と米国の位置づけ
2 福祉国家と医療をめぐる意識
3 データと方法
4 結果
5 考察

第5章 政府・企業・個人 (天野拓)− 現代アメリカにおける医療保険制度をめぐる対立の構図
1 現代アメリカの医療保険制度と政党政治−政府・企業・個人
2 クリントン政権の国民皆保険制度改革の失敗(199年代前半)
3 漸進的な改革へ(1990年後半)
4 ブッシュ政権期の改革(2001年以降)

第Ⅱ部 医療と倫理
第6章 医師の視点からみた研究倫理 (田代志門) −金沢大学附属病院無断臨床試験訴訟を事例として
1 争点としての「研究と治療の区別」
2 訴訟の概要と意義
3 医師側の主張と論理構成とその批判的考察

第7章 遺伝子医療時代における倫理規範と法政策 (瀬戸山晃一)−生命倫理学と法学の知的連携にむけて
1 遺伝子医療の進展が提起する主要論点
2 生命倫理学者と法学者の対話 −諸論文のレビュー−
3 生命倫理学と法律学の使命と知的連携

第8章 出世前診断の倫理問題 (徳永純)−遺伝子、胎児の資産分析の試み
1 市場の失敗
2 胎児の出生前診断を受ける親の損失
3 資産としての遺伝子、胎児とその価値変動
4  利害関係者の広がり
5 市場の失敗の要因

第9章 「脱医療化」する予測的な遺伝子学検査への日米の対応
−遺伝子病から栄養遺伝子的検査まで (武藤香織)
1 遺伝子学的検査とはなにか
2 ヒトゲノム計画の開始と遺伝子学的検査への規制
3 遺伝子差別の禁止に向けて
4 消費者に直接販売される遺伝子学的検査ビジネス
5 DTC検査への規制

第10章 HIV自宅検査をめぐる倫理学的一考察 (宮城昌子)
1 HIV自宅検査の事実的背景
2 HIV自宅検査の是非をむぐるこれまでの議論
3 HIV感染動向
4 問いの相対化−他の自宅検査との比較
5 検査機会の増大
6 監査の義務化

第11章 社会的構成概念としての脳死 (会田薫子)
ー合理的な臓器移植大国アメリカにおける脳死の今日的理解
1 二つの報告
2 二つの報告への反応と今日の脳死理解
3 納幹死の概念の今日
4 脳死の概念はやがて消える?



一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。