大学出版部協会

 

 〈成る〉ことの詩学へ日本文学 二重の顔

阪大リーブル2
日本文学 二重の顔 〈成る〉ことの詩学へ

四六判 350ページ 並製
価格:2,200円 (消費税:200円)
ISBN978-4-87259-235-1 C1393
奥付の初版発行年月:2007年04月 / 発売日:2007年04月上旬

内容紹介

日本の古典文学や芸能のテクストを読解するとき,
読むものと読まれるもの,見ること,見えること,
見られることの間に,不思議な変化や変身がもた
らされ,古典の世界は新たな相貌を帯びてくる.
著者は二重,三重に多層化・多面化するテクスト
の深みに分け入り,そうすることで,その面白さ,
奥深さを読者に味わわせてくれる.私たちはいつ
のまにか,日本文学の魅力にとりつかれているの
に気づく.

著者プロフィール

荒木 浩(アラキ ヒロシ)

大阪大学大学院文学研究科教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

● 宝誌和尚像のもう一つの顔

● 『源氏物語』と『長恨歌』…秘匿の顔

● 『徒然草』の二層の「心」

● 明恵の夢をめぐって

● 南方、柳田、折口の交錯

● 落語という芸能と顔(枝雀、志ん生、文楽、円喬)

● 『今昔』『宇治拾遺』にみる二重の顔

● 『更科日記』『日本霊異記』の夢と現実



一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。