大学出版部協会

 

 アメリカ文学とアルコール飲酒/禁酒の物語学

大阪大学新世紀レクチャー
飲酒/禁酒の物語学 アメリカ文学とアルコール

A5判 230ページ 並製
価格:2,200円 (消費税:200円)
ISBN978-4-87259-150-7(4-87259-150-X) C3097
奥付の初版発行年月:2005年09月 / 発売日:2005年09月上旬

内容紹介

植民地時代から現代に至るアメリカの歴史におけ
る酒の持つ意味を考察しつつ,とりわけ19世紀の
節酒/禁酒運動にみられる発想法とレトリックを
文学との関わりの中であとづけし,20世紀初めの
モダニズム文学を飲酒の視点から読み直す.禁酒
小説,飲酒と創造性,文学にみる人種・民族・性
と酒,ヘミングウェイ,フォークナーなどアルコー
ル依存作家の文学など,様々な興味深い切り口か
ら具体例を紹介.


目次

第1講 ほろ酔い—ポー、チーヴァ−、アンダソン
第2講 酩酊—禁酒小説とは何か
第3講 インタールード—アルコールと創造性
第4講 泥酔—エスニシティとジェンダー
第5講 禁断症状Ⅰ—フィッツジェラルドとオニール
第6講 禁断症状Ⅱ—ヘミングウェイとフォークナー
第7講 回復—AA、映画と小説、文献解題


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。