大学出版部協会

 

ジェンダーの基礎理論と法

東北大学21世紀COEプログラム ジェンダー法・政策研究叢書 10
ジェンダーの基礎理論と法

A5判 403ページ 上製
定価:2,200円+税
ISBN978-4-86163-063-7 C3330
奥付の初版発行年月:2007年09月

内容紹介

「性差とは何か。」「ジェンダー(社会的・文化的性差)とセックス(生物学的性差)とはどう違うのか。」
この基本的な問いに答えるべく、ジェンダー学、生物学、歴史学、法学、政治学等の代表的研究者が集結した学際的研究の成果を収録。本書は、「法とジェンダー」を考える東北大学COE拠点と日本学術会議(公開講演会「生物学とジェンダー学の対話」)やジェンダー法学会等との連携活動の記録でもあり、また、その基礎理論研究の集大成であるといえる。


目次

第一部  ジェンダーとセックス―性差をめぐる学際的研究の成果と課題
  第1章 ジェンダー概念の有効性について
  第2章 ジェンダー概念の意義と効果
  第3章 進化生物学とジェンダー
  第4章 セックスとジェンダー、そして男女共同参画
  第5章 遺伝子と性差―医療現場から
  第6章 女性と高齢者介護問題に関する疫学的アプローチ
  第7章 スポーツする身体とジェンダー

第二部  ジェンダーとフェミニズム―女性の地位・権利をめぐる歴史的・思想史的研究の成果と課題
  第8章 古代ギリシアにおける家の継承―後継者確保のための法制と慣行
  第9章 オランプ・ドゥ・グージュと女性の人権―フェミニズムと人権論の源流
  第10章 メアリ・ウルストンクラフトと女性の人権
  第11章 シモーヌ・ド・ボーヴォワールの今日的意義―「女であること」と「女性の権利」
  第12章 公/私区分の再定義
  第13章 フェミニズムの思想を稼働しつづけるもの

第三部  ジェンダーと法―ジェンダー法学・フェミニズム法学の方法と課題
  第14章 フェミニズムと法・国家論
  第15章 ジェンダー法史学の課題と展望
  第16章 ジェンダー法学の意義と課題
  第17章 憲法学とジェンダー研究
  第18章 ドメスティック・バイオレンスをめぐる法政策―「人権アプローチ」と「福祉アプローチ」


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。