大学出版部協会

 

 日英仏の民衆知表現ことわざ比較の文化社会学

ことわざ比較の文化社会学 日英仏の民衆知表現

四六判 228ページ 並製
定価:3,000円+税
ISBN978-4-8329-3409-2 C1036
奥付の初版発行年月:2020年10月 / 発売日:2020年10月中旬

内容紹介

これからの「少子化する高齢社会」に活かせる知恵をどう受け継ぐか
110のことわざに示される民衆知を比較社会学の視点から読み解く

「三人寄れば文殊の知恵」はリーダーシップ
――よりよい決定を求め、日本では3人、英仏では2人で知恵を絞る?

「二足の草鞋を履く」は新しい働き方のスタイル
――少子化する高齢社会で活かせる?

著者プロフィール

金子 勇(カネコ イサム)

1949年生まれ
1977年 九州大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学
現 在 北海道大学名誉教授 文学博士(九州大学、1993年)
第1回日本計画行政学会賞(1989年)
第14回日本都市学会賞(1994年)
著 書 『日本のアクティブエイジング』北海道大学出版会、2014年
『変動のマクロ社会学』編著、ミネルヴァ書房、2019年 ほか多数

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに
凡 例
序 立体的な比較社会文化研究をめざして
【あ行】悪銭身に付かず / 羹(あつもの)に懲りてなますを吹く / あばたもえくぼ ほか
【か行】稼ぎに追いつく貧乏なし / 我田引水 / 禍福は糾(あざな)える縄の如し ほか
【さ行】先んずれば,人を制す / 去る者は日々に疎(うと)し / 三十六計逃げるに如かず ほか
【た行】大山鳴動して鼠一匹 / 他山の石 / 棚からぼたもち ほか
【な行】七転び八起き / 習うより慣れよ / 二足の草鞋(わらじ)を履く ほか
【は行】馬鹿とはさみは使いよう / 馬鹿に付ける薬はない / 馬鹿は死ななきゃ直らない ほか
【ま行】馬子にも衣裳 / 待てば海路の日和あり / 見ざる,聞かざる,言わざる ほか
【や行】安物買いの銭失い / やぶへび / 油断大敵
【ら行】良薬は口に苦し / 論より証拠
おわりに
参照文献


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。