大学出版部協会

 

 歴史的転換点をこえて災後日本の電力業

災後日本の電力業 歴史的転換点をこえて

A5判 244ページ 上製
定価:4,500円+税
ISBN978-4-8158-1015-3 C3033
奥付の初版発行年月:2021年02月 / 発売日:2021年02月上旬

内容紹介

東日本大震災と原発事故は、日本電力業のすがたを根底から変えてしまった。福島への補償から電源エネルギー構成の再編、10電力体制の終焉まで、政策と経営戦略の包括的検討により原発事故前後25年の実態を解明、真の課題のありかを特定し、電力業の歴史的再生へむけた道筋を示す。

前書きなど

2011(平成23)年3月11日午後2時46分、マグニチュード9.0に達する巨大地震、東北地方太平洋沖大地震が発生した。この地震とそれが引き起こした大津波は、第2次世界大戦後の日本で最大規模となる自然災害、東日本大震災を引き起こし、震災による死者および行方不明者は2万人近くに及んだ。

東日本大震災は、東京電力・福島第一原子力発電所事故をともなった点でも、特筆すべき歴史的出来事であった。福島第一原発事故は、原子力施設の事故・故障等の事象を評価する国際原子力事象評価尺度(INES)で、史上最悪と言われた1986(昭和61)年のチェルノブイリ原子力発電所事故(旧ソ連)と並ぶレベル7(「深刻な事故」)とみなされるに至り、現在でも多くの住民が避難を余儀なくされている。日本全国で原子力発電に対する批判が高まり、2012年5月にはいったん、国内のすべての原発が運転を停止する事態となった。そして、2012年7月には東京電力が実質的に国有化され、国主導で同社の再建が図られることになり、今日にいたっている。日本の電力政策全体もゼロベースでの見直しを迫られ、2016年4月には電力小売市場の全面自由化が、2020(令和2)年4月には発送電分離が、それぞれ実施された。

本書の課題は、電力小売市場の部分自由化が始まった1995(平成7)年以降福島第一原発事故から10年後の2021年までの約四半世紀の時期を対象にして、日本電力業のあゆみを包括的に明らかにすることにある。本書は、2つの性格をもつ。

ひとつは、日本電力業の最近史という性格である。本書の執筆時点は2020年9月であるが、記述の重点はその時までの25年余の時期に置かれる。

もうひとつは、筆者が2004年に刊行した『日本電力業発展のダイナミズム』……

[「序章」冒頭より]

著者プロフィール

橘川 武郎(キッカワ タケオ)

1951年生。1983年 東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。青山学院大学経営学部助教授、東京大学社会科学研究所教授、一橋大学大学院商学研究科教授、東京理科大学大学院イノベーション研究科教授等を経て、現在 国際大学大学院国際経営学研究科教授。著書 『日本電力業の発展と松永安左ヱ門』(名古屋大学出版会、1995年)『日本電力業発展のダイナミズム』(名古屋大学出版会、2004年)『原子力発電をどうするか』(名古屋大学出版会、2011年)『日本石油産業の競争力構築』(名古屋大学出版会、2012年)『東京電力 失敗の本質』(東洋経済新報社、2011年)『応用経営史』(文眞堂、2016年)他多数。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 章 歴史的転換への道

第1章 電力小売部分自由化の時代
――1995~2010年
第1節 頓挫した自由化
第2節 市場の飽和
第3節 電源開発の一巡
第4節 競争の限定性
第5節 ダイナミズム再生の頓挫

第2章 東京電力福島第一原子力発電所事故と原子力安全・保安院
第1節 事故の概要
第2節 原子力安全・保安院をめぐる問題状況
第3節 保安院が認識していながら解決されなかった問題
第4節 保安院が認識していなかった問題
第5節 事故調査委員会も認識しなかった問題
第6節 原子力安全・保安院に対する全体的な評価

第3章 電力小売全面自由化の時代
――2011~2020年
第1節 小売全面自由化と発送電分離
第2節 節電と電化の交錯
第3節 電源構成の激変と政策の混迷
第4節 10電力体制の崩壊
第5節 ダイナミズムは再生するか

終 章 歴史的転換の先にあるもの

参照文献
参照Webサイト
あとがき
図表一覧
事項索引
組織・企業・人名索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。