大学出版部協会

 

 メカニズムから診療まで交通外傷

交通外傷 メカニズムから診療まで

B5判 268ページ 並製
定価:6,800円+税
ISBN978-4-8158-0992-8 C3047
奥付の初版発行年月:2020年06月 / 発売日:2020年06月下旬

内容紹介

わが国の交通事故での死者数は過去最低を更新しているが、負傷者数は年間五十万人前後と、相当数にのぼる。本書は、受傷のメカニズムと医学、事故の統計や法規、安全対策などを系統的に解説。医師・看護師、保険調査員、法曹や警察官、自動車技術者など、交通事故に関わる全ての人に。

前書きなど

世界では年間約135万人が交通事故で死亡しており、死因の第8位をしめる。特に5~29歳の若年者の死因の1位となっていることから、予防対策の推進が世界的に叫ばれている。わが国では2019年における交通事故死者数(事故後24時間以内)が3,215人と戦後最少であった。しかし、いまだ46万人以上が交通事故で負傷しており、中には重篤な後遺障害を残す人もいる。したがって、政府が掲げる、「交通事故死者をゼロにして世界一安全な道路交通社会を目指す」ための一層の努力が求められている。

さて、前述のように交通事故死者数が減少した背景には、さまざまな要因がある。まずは、病院前救護体制の充実を含めた医療の進歩である。負傷者の搬送、エビデンスに基づく診断および治療法の進歩は疑う余地がない。次に、車両の安全性能の向上、事故回避システム等の進歩である。乗員や歩行者に対する被害軽減ボディーや安全システムの進歩などは、自動車工学技術の目覚ましい発展によるものである。その他、道路環境の整備、道路交通に関する法律の改正、道路交通参加者に対する教育の充実など、多方面での取り組みの成果と考えられる。これらを推進する上で重要なことは、実事故を詳細に分析し、事故による死傷者に何が起こったかを具体的に明らかにすること、そして、被害軽減のために有用な対策を検討することである。さらに、さまざまな分析によって得られた貴重な情報を、多くの関係者で共有することが重要である。

本書はこれらのことを踏まえ、交通外傷の特徴について、とくにそのメカニズムを明らかにするという視点でまとめた。実際の交通事故死傷者にかかわっている医療従事者、交通事故予防に尽力している工学研究者などが、貴重な経験や分析結果をもとにまとめあげたものである。全体は総論と各論の2部からなる。総論では交通事故に関する統計・法規・安全対策、そして交通事故時の挙動と受傷メカニズムについて解説する。各論では主な交通外傷について、その受傷メカニズムを含め部位別に記述する。

先進諸国では……

[「はじめに」冒頭より]

著者プロフィール

一杉 正仁(ヒトスギ マサヒト)

1994年東京慈恵会医科大学卒業。川崎市立川崎病院、東京慈恵会医科大学大学院、獨協医科大学准教授を経て2014年より滋賀医科大学社会医学講座教授。京都府立医科大学客員教授、東京都市大学総合理工学研究科客員教授、名古屋大学大学院工学研究科非常勤講師。
主著書『臨床医のための疾病と自動車運転』(共編著、三輪書店、2018年)、『脳卒中後の自動車運転再開の手引き』(共編著、医歯薬出版、2017年)、『臨床事例で学ぶ 医療倫理・法医学』(編著、テコム、2017年)。

西山 慶(ニシヤマ ケイ)

1995年京都大学医学部卒業。小倉記念病院、京都大学講師を経て2015年より国立病院機構京都医療センター救命救急センター長。京都大学医学部臨床教授、京都府立医科大学臨床教授、福井大学医学部客員准教授。
主著書『AMLS 日本語版』(共訳、へるす出版、2016年)、『健康長寿学大事典』(共著、西村書店、2012年)、『今日の治療指針 2012年度版』(共著、医学書院、2012年)

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに

I 総論――交通事故の背景とメカニズム

第1章 交通事故の疫学
1 背景
2 交通事故件数と死者数・負傷者数
3 状態別事故の背景
4 臨床現場への応用

第2章 交通安全に関わる法律
1 背景
2 自動車運転免許制度に関する法律
3 運転者の責任に関する法律
4 患者の自動車運転と医師の責任に関する法律
5 臨床現場への応用

第3章 交通事故の原因
1 背景
2 ヒューマンエラーによる事故
3 飲酒運転による事故
4 体調起因性の事故
5 臨床現場への応用

第4章 交通事故時の挙動と受傷メカニズム(1)
――歩行者
1 背景
2 歩行者事故での加害部位と被害部位
3 歩行者事故での衝突挙動解析
4 臨床現場への応用

第5章 交通事故時の挙動と受傷メカニズム(2)
――二輪車・自転車乗員
1 背景
2 二輪車事故
3 自転車事故
4 臨床現場への応用

第6章 交通事故時の挙動と受傷メカニズム(3)
――自動車乗員
1 背景
2 前面衝突
3 側面衝突
4 後面衝突
5 臨床現場への応用

第7章 自動車の安全対策
1 背景
2 衝突安全分野における歩行者頭部保護への取り組み
3 予防安全分野における交通弱者保護への取り組み
4 衝突発生後の交通弱者保護への取り組み
5 その他の先進安全技術
6 臨床現場への応用

II 各論――交通外傷の診療

第1章 交通外傷の初期診療
1 外傷初期診療の標準化
2 外傷初期診療の手順
3 外傷における緊急度・重症度
4 病院前救護活動
5 患者受け入れ
6 初療室における対応

第2章 交通外傷の患者評価(重症度評価法)
1 重症度評価の意義
2 交通外傷患者の重症度評価の実際

第3章 頭部外傷
1 解剖・生理
2 主要損傷
3 交通外傷に特有の事項

第4章 顎顔面外傷
1 解剖・生理
2 主要損傷

第5章 頸部・脊椎外傷
1 解剖・生理
2 主要損傷

第6章 胸部外傷
1 解剖・生理
2 主要損傷

第7章 腹部外傷
1 解剖・生理
2 腹部臓器の受傷機転
3 腹部外傷の疫学
4 主要損傷

第8章 四肢・骨盤外傷
1 解剖・生理
2 脱臼・脱臼骨折
3 軟部組織損傷
4 その他の主要損傷

第9章 小児の交通外傷
1 小児の解剖・生理
2 主要損傷
3 交通外傷に特有の事項

第10章 女性の交通外傷
1 女性の解剖・生理
2 外陰部打撲
3 骨盤の外傷

第11章 妊婦の交通外傷
1 妊婦の解剖・生理
2 主要損傷

第12章 高齢者の交通外傷
1 高齢者の解剖・生理
2 高齢者の基礎疾患
3 高齢者の内服薬
4 高齢者の交通外傷の概要
5 高齢者の交通外傷の解剖学的特徴
6 高齢者の交通外傷のトリアージ
7 高齢者の交通外傷のリスク因子
8 高齢者の交通外傷の治療

第13章 交通外傷の合併症
1 合併症総論
2 合併症各論

第14章 交通外傷の診療における法的問題点
1 診療録・各種診断書記載の注意事項
2 交通事故における死亡診断
3 交通事故診療と個人情報保護法、守秘義務
4 疾患と交通事故

索 引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。