大学出版部協会

 

 東アジアの高成長史企業類型と産業育成

企業類型と産業育成 東アジアの高成長史

A5判 394ページ
価格:4,950円 (消費税:450円)
ISBN978-4-8140-0448-5 C3033
奥付の初版発行年月:2022年12月 / 発売日:2022年12月上旬
発行:京都大学学術出版会  
発売:京都大学学術出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

産業構造の変化に着目しなければ、奇跡と言われた東アジアの高成長を捉えきれない。日本の企業集団、台湾の中小企業、韓国の財閥。それぞれに担い手は違えど高度な経済発展を遂げた背景に、企業類型はいかなる影響を及ぼしたのか? 自動車・電子・石油化学・製鉄……各分野の分析から高成長の多様な側面を浮き彫りにする。高成長メカニズム企業類型に着目してみる新たな経済史。

著者プロフィール

林 采成(イム チェソン)

立教大学経済学部教授。東京大学大学院経済学研究科博士課程修了、博士(経済学)。主な著作に、『歴史としての高成長東アジアの経験』(共編、京都大学学術出版会、2019 年)、『鉄道員と身体帝国の労働衛生』(京都大学学術出版会、2019 年)などがある。

武田 晴人(タケダ ハルヒト)

東京大学名誉教授。東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学、博士(経済学)。主な著作に、『歴史としての高成長東アジアの経験』(共編、京都大学学術出版会、2019年)、『日本経済史』(有斐閣、2019 年)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はしがき

序章 高成長期における東アジアの企業と産業育成[林采成]

第一部 自動車と高成長
第1章 日本自動車産業の資本自由化と国際競争力[呂寅満]
第2章 台湾自動車産業の形成――産業政策と企業経営――[洪紹洋]
第3章 韓国自動車産業形成期の産業政策と企業戦略[呂寅満]

第二部 電子と高成長
第4章 高度成長期日本の半導体開発――技術導入と独自対応――[河村徳士]
第5章 戦後台湾電子工業の産業発展[呉聡敏]
第6章 韓国電子産業のキャッチアップ[朴基炷]

第三部 石油化学と高成長
第7章 台湾プラスチックと台湾石油化学産業[洪紹洋]
第8章 忠州肥料・韓国総合化学工業の盛衰史[林采成]

第四部 製鉄と鉄道
第9章 韓国製鉄業の出発――政策・技術の学習――[朱益鍾]
第10章 高度成長期台湾と鉄道[蔡龍保]

終章 東アジア高成長史における企業活動と主導産業[武田晴人・林采成]

あとがき
索引
著者一覧


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。