大学出版部協会

 

 全集8遊女たちの対話

西洋古典叢書G117
遊女たちの対話 全集8

ルキアノス:著, 内田 次信:翻訳, 西井 奨:翻訳
四六判変型 284ページ
価格:3,630円 (消費税:330円)
ISBN978-4-8140-0349-5 C1398
奥付の初版発行年月:2021年12月 / 発売日:2021年12月下旬
発行:京都大学学術出版会  
発売:京都大学学術出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

後2世紀のシリアに生まれ、ギリシア語で創作した諷刺作家ルキアノスの全集第3弾。本分冊では対話形式の散文作品群を中心に、神々が人間のレベルにまで引き降ろされ、世に知られる神話伝承を当事者らが雑談風に語り合う『神々の対話』や、執筆当時の卑俗な日常をリアルに描出してみせる『遊女たちの対話』など、7篇を収録。(全8冊)

著者プロフィール

内田 次信(ウチダ ツグノブ)

大阪大学名誉教授
京都大学博士(文学)
1952年 愛知県生まれ
1979年 京都大学大学院文学研究科博士課程修了
2017年 大阪大学教授を経て退職
主な著書
『ヘラクレスは繰り返し現われる─夢と不安のギリシア神話』(大阪大学出版会)

西井 奨(ニシイ ショウ)

大阪大学講師
1982年 京都府生まれ
2011年 京都大学大学院文学研究科博士課程研究指導認定退学
2014年 京都大学博士(文学)取得
2018年 日本学術振興会特別研究員、大阪大学特任講師を経て現職
主な著書
『神の文化史事典』(共著、白水社)
『オウィディウス『名高き女たちの手紙』におけるギリシア神話の諸相』(京都大学博士学位論文)

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

海の神々の対話(第七十八篇) [西井 奨 訳]
神々の対話(第七十九篇) [内田次信 訳]
遊女たちの対話(第八十篇) [内田次信 訳]
愛国者または弟子(第八十二篇) [内田次信 訳]
カリデモスまたは美について(第八十三篇) [内田次信 訳]
ネロ(第八十四篇) [内田次信 訳]
エピグラム(第八十五篇) [内田次信 訳]
  解  説
  固有名詞索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。