大学出版部協会

 

〈嘆き〉はホーソーンによく似合う

中央大学学術図書100
〈嘆き〉はホーソーンによく似合う

四六判 408ページ 上製
定価:3,800円+税
ISBN978-4-8057-5182-4 C3098
奥付の初版発行年月:2020年08月 / 発売日:2020年08月上旬

内容紹介

アメリカ19世紀を代表する小説家のひとりナサニエル・ホーソーンは、従来から社会的道徳への無関心が指摘されてきた。『〈嘆き〉はホーソーンによく似合う』は、そのようなホーソーンの文学作品の初期作品から最晩年の遺作まで幅広く再検討して、ホーソーンの思想をまったく新しい視点から読みなおす。ヴァルター・ベニヤミンのアレゴリー論やフロイトのメランコリー論を援用し、それらを横断的に結びつける〈嘆き〉という概念をキーワードにして、作家の作品と社会的コミットメントを解釈し、新しい作家像と文学論を立体的に描く。

著者プロフィール

髙尾 直知(タカオ ナオチカ)

中央大学文学部教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

Ⅰ 嘆きの萌芽
第一章 〈モラル・ヒストリアン〉ホーソーン
第二章 ロマンスと嘆きの民主主義
第三章 キューバの〈嘆き〉とホーソーン

Ⅱ 嘆きの成熟
第四章 家庭崩壊の美学
第五章 「なんじを創りしはだれぞ」
第六章 動物磁気、強制移住、銀板写真
第七章 知りすぎた(のに語らない)男

Ⅲ 嘆きの結実
第八章 マーガレット・フラーと牧神
第九章 ホーソーン氏、都に行く
第十章 世界改良のアメリカンドリーム


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。