大学出版部協会

 

 モンゴル~宋元時代のアジアと日本の交流モノから見た海域アジア史

KUP選書3
モノから見た海域アジア史 モンゴル~宋元時代のアジアと日本の交流

四六判 並製
価格:1,980円 (消費税:180円)
ISBN978-4-7985-0295-3 C1321
奥付の初版発行年月:2022年11月 / 発売日:2022年11月中旬

内容紹介

中世の海域アジアを行き交った様々なモノ、石材・木材・陶磁器・貴金属を通じて考古学・日本史・東洋史を専門とする各研究者が日本とアジア、ユーラシアの交流の諸相を解説する。

著者プロフィール

四日市 康博(ヨッカイチ ヤスヒロ)

1971年生まれ。立教大学文学部史学科世界史学専修准教授。博士(文学)(早稲田大学)。著作に『文明の道⑤モンゴル帝国』日本放送出版協会、2006年(共著)、『論点・東洋史学—アジア・アフリカへの問い158 』ミネルヴァ書房、2021年(共編著)、『東アジア海域に漕ぎだす1 海から見た歴史』東京大学出版会、2013年(共著)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。