大学出版部協会

 

 共産主義と東欧の20世紀秘密の戦争

秘密の戦争 共産主義と東欧の20世紀

四六判 544ページ 上製
価格:4,950円 (消費税:450円)
ISBN978-4-7664-2770-7 C3022
奥付の初版発行年月:2021年11月 / 発売日:2021年11月中旬

内容紹介

▼ソ連なき東欧を夢見て
第一次世界大戦によってヨーロッパの旧秩序が崩壊し、
スターリンとヒトラーが台頭する戦間期の東欧。
二強国の思惑に蹂躙されたポーランドで共産主義と民族主義に抗い、
秘かな戦いをくり広げた一人の男の数奇な生涯を通して
20世紀東欧史の最深部を描き出すティモシー・スナイダーの出世作。

ある時はモダニズムの画家、ある時はポーランド政府の高官、そして
スパイにして反ボリシェヴィキの闘士でもあったヘンリク・ユゼフスキ――。
第一次世界大戦によってヨーロッパの旧秩序が崩壊し、
スターリンとヒトラーが台頭する戦間期の東欧は、動乱の時代を迎えた。

ポーランドの東方政策の野望、ウクライナの国家建設の欲望、
そしてスターリンのソ連、それぞれの思惑が交錯する境界地帯で、
共産主義と民族主義に抗いつづけたヘンリク・ユゼフスキの数奇な生涯を通して
20世紀東欧史の最深部を描き出すティモシー・スナイダーの出世作。

著者プロフィール

ティモシー・スナイダー(ティモシー スナイダー)

1969年オハイオ州生まれ。イェール大学歴史学部教授。オクスフォード大学でPh.D.を取得。専攻は中東欧史、ホロコースト史、近代ナショナリズム研究。邦訳されている著書として『赤い大公――ハプスブルク家と東欧の20世紀』『ブラックアース――ホロコーストの歴史と教訓』『暴政――20世紀の歴史に学ぶ20のレッスン』『自由なき世界――フェイクデモクラシーと新たなファシズム』『アメリカの病――パンデミックが暴く自由と連帯の危機』(いずれも慶應義塾大学出版会、2014年、2016年、2017年、2020年、2021年)、『ブラッドランド』(2015年)、インタビュアーを務めたトニー・ジャットの遺著『20世紀を考える』(2015年)がある。2017年1月に初来日し、慶應義塾大学、東京大学などで講演を行った。ソ連崩壊を学部生として経験し、英独仏語だけでなく、スラブ諸語の一次資料をも自在に活用する学風は、ホロコースト論でも新境地を開いたと高く評価されている。ハンナ・アーレント賞をはじめ多彩な受賞歴を誇る。また、ウクライナ情勢の信頼できる解析者であるだけでなく、世界に蔓延するフェイクデモクラシーへの批判をさまざまなメディアを通じて発信しており、アメリカでもきわめて大きな影響力を持つオピニオンリーダーの一人と目されている。

松井 貴子(マツイ タカコ)

翻訳家。訳書に、ドメニコ・ロレンツァ他『ダ・ヴィンチ 天才の仕事』(二見書房、2007年)、ベンジャミン・リフキン他『人体解剖図』(二見書房、2007年)、マイケル・カーロヴィッツ『月の歩きかた』(二見書房、2008年)、エレン・フォンタナ『オードリー物語』(二見書房、2011年)、ウィリアム・ジャマーノ『ジャマーノ編集長 学術論文出版のすすめ』など。

梶 さやか(カジ サヤカ)

岩手大学人文社会科学部人間文化課程准教授。京都大学大学院文学研究科博士後期課程修了。
主な著書に、『ポーランド国歌と近代史――ドンブロフスキのマズレク』(群像社、2016年)、『せめぎあう中東欧・ロシアの歴史認識問題――ナチズムと社会主義の過去をめぐる葛藤』(ミネルヴァ書房、2017年、共著)、『ロシア帝国の民族知識人――大学・学知・ネットワーク』(昭和堂、2014年、共著)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

プロローグ 尋問
 隠滅
 史料
 環境
 本書の構成

はじめに キュビスムと密謀
 ポーランド軍事組織(POW)
 キエフ進軍
 冬の行軍
 リガ条約
 エルシノア城

 Ⅰ 巧妙な上昇

第1章 信頼
 ポーランドの共産主義勢力
 「揺さぶり」作戦
 文芸論争
 シュムスキー事件
 矛盾

第2章 プロメテウス運動のウクライナ
 反共主義と反ユダヤ主義
 諜報基地〈ヘトマン〉
 GPU
 見せしめ裁判
 辻褄

第3章 政治という劇場
 近代性
 新伝統主義
 ヴォウィン実験
 共産主義勢力
 民族主義勢力
 プロメテウス運動
 真相

第4章 冬のスパイたち
 キエフのスパイたち
 ルヴフ地区司令班
 農業集団化政策

 Ⅱ 政治の下降

第5章 スターリンの飢饉
 ワルシャワの選択
 大飢饉
 スターリン主義

第6章 ポーランド人へのテロル
 追放、民族浄化、テロル
 ポーランドのスパイ活動
 政治的判断
 捏造されたポーランド軍事組織

第7章 革命の準備
 内側からの革命
 情報の国境線
 革命の準備
 期待

第8章 奪回作戦
 ヴォウィンの正教会
 思惑と結果
 挙国一致
 解任
 奪回作戦

 Ⅲ 局地戦としての世界戦争

第9章 ガラスの家
 一九三九年夏
 革命
 ホロコースト
 文化の担い手
 ウクライナ人民共和国
 ヴォウィンの革命
 敵

第10章 ナチの占領
 勝利に身を捧ぐ使徒
 国内軍
 一九四三年
 自由と独立(WIN)
 共産主義

第11章 女性たちの密謀
 罠
 作戦室
 「国際主義」と「海から海へ」構想
 第三課
 秘密の生活

第12章 共産主義政権下の監獄
 尋問
 判決

エピローグ 再現
 希望のあと
 釈放のあと
 スティル・ライフ


謝辞
解説 梶さやか
訳者あとがき
原註
公文書館
略表記
表記について
索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。