大学出版部協会

 

 自分らしくある宗教講義リベラルなイスラーム

リベラルなイスラーム 自分らしくある宗教講義

四六判 288ページ 並製
価格:2,200円 (消費税:200円)
ISBN978-4-7664-2713-4 C0014
奥付の初版発行年月:2021年01月 / 発売日:2021年01月中旬

内容紹介

現在進行形のイスラーム

時代が変わり、クルアーンの読み方も変わりつつある。ムスリムとして、一人一人が生きやすい社会をつくろうと奮闘する姿から、その最前線を見る。

なぜ男性が優位な社会なのか?
なぜ過激派はテロを起こすのか?
その根拠は、イスラームの聖典クルアーンにあるとされている。
しかし、新たな解釈を試み、男女平等やテロ抑制に取り組むムスリムたちも出てきている。
本書では、クルアーンという豊かなテクストを「リベラル」な解釈へと開き、変革を期す者たちに着目。
他者を認め、自分らしくあることを目指す「読み」の奥深さと、その実践を見ていく。

著者プロフィール

大川 玲子(オオカワ レイコ)

明治学院大学国際学部教授。イスラーム思想専攻。
ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)修士号取得。
東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。文学博士。
著作に、『クルアーン――神の言葉を誰が聞くのか』(慶應義塾大学出版会、2018年)、『チャムパ王国とイスラーム――カンボジアにおける離散民のアイデンティティ』(平凡社、2017年)、『イスラーム化する世界――グローバリゼーション時代の宗教』(平凡社新書、2013年)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

ガイダンス
 1 この講義で話したいこと
 2 イスラーム教徒は危険?
 3 どうしてイスラームがリベラル?
 4 講義の目的と流れ

第1講 どうして聖典が重要なの?――クルアーンの力
 1 クルアーンの影響「力」とは?
 2 新しい解釈がなぜ必要なの?

第2講 クルアーンは戦争を命じている?――聖典の表と裏
 1 カンボジアでのムスリムの「闘い」
 2 宗教・聖典のなかの暴力・戦争
 3 クルアーンではなぜ戦争と平和が説かれている?
 ――ムハンマドの生涯から
 4 戦いを強調する解釈者たち

第3講 平和を説くムスリムって?――インドでの模索
 1 日本は平和の象徴的モデル?
 2 インドのムスリムとクルアーン解釈
 3 ワヒードゥッディーン・ハーンの思想と活動
 4 ハーンの平和主義・精神主義的クルアーン解釈

第4講 クルアーンはテロに反対している?――ムスリム国際NGOの挑戦
 1 モロッコ政府の反テロとクルアーン
 2 テロに立ち向かうムスリムNGO
 3 反テロを説く
 4 反テロ・平和を教える

第5講 女性は離婚を言い出せない?――宗教マイノリティと男女平等
 1 インドのボホラ派とエジプトのハーキム・モスク
 2 人権とイスラーム
 ――テロと男女差別の共通点
 3 アスガル・アリー・エンジニア
 ――インド・ムスリムの近代的改革
 4 モダニスト的クルアーン解釈

第6講 同性愛者は認められる?――英国紙ガーディアンのクルアーン解釈
 1 イースト・ロンドンのムスリムたち
 2 ズィアウッディン・サルダール
 ――イギリスのムスリム文化評論家
 3 ポストモダン時代のクルアーン解釈

最終講 リベラルなイスラーム――人類の共生する世界
 1 「リベラルなイスラーム」とクルアーン解釈
 2 他者と共に生きる世界をどうつくるか?
 ――アイデンティティの保ち方
 3 イスラーム主義の後にくる……かもしれないもの


講義を終えて――あとがきに代えて
参考文献


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。