大学出版部協会

 

遠藤周作 神に問いかけつづける旅

遠藤周作 神に問いかけつづける旅

四六判 160ページ 上製
定価:2,700円+税
ISBN978-4-7664-2708-0 C0095
奥付の初版発行年月:2020年11月 / 発売日:2020年11月中旬

内容紹介

人生の同伴者としてのイエス・キリストを見出そうとした遠藤周作。
小説の登場人物たちは、いまなにを語りかけてくるのか。

▼2021年、没後25年を迎える遠藤周作。
▼日本ではじめての本格的なカトリック世界を築き上げた作家を、世田谷文学館の連続講座を基にして解明する。

 遠藤周作没後25年を前に、世田谷文学館の「連続講座」で五人の講師と館長・菅野昭正が、「まだ生きつづけている作品」である「堀辰雄覚書」「神々と神と」『留学』『白い人・黄色い人』『海と毒薬』『沈黙』『侍』『死海のほとり』『狐狸庵閑話』『宿敵』『反逆』『決戦の時』『男の一生』『王の挽歌』『女』『女の一生』『わたしが・棄てた・女』を論じていく。

著者プロフィール

菅野 昭正(カンノ アキマサ)

1930年生れ。東大仏文卒。東大名誉教授。日本フランス語フランス文学会名誉会員。著書に『ステファヌ・マラルメ』(読売文学賞)、『永井荷風巡歴』(やまなし文学賞)、『変容する文学のなかで』(全3巻)など。訳書にクロード・シモン『ファルサロスの戦い』、ミラン・クンデラ『不滅』、ル・クレジオ『アフリカのひと』など多数。

加賀 乙彦(カガ オトヒコ)

1929年生れ。東大医学部卒。日本ペンクラブ名誉会員、文藝家協会・日本近代文学館理事。カトリック作家。犯罪心理学・精神医学の権威でもある。著書に『フランドルの冬』、『帰らざる夏』(谷崎潤一郎賞)、『宣告』(日本文学大賞)、『湿原』(大佛次郎賞)、『錨のない船』など多数。『永遠の都』で芸術選奨文部大臣賞を受賞、続編である『雲の都』で毎日出版文化賞特別賞を受賞した。

持田 叙子(モチダ ノブコ)

1959年生れ。近代文学研究者。著書に、『朝寝の荷風』(人文書院、2005年)『荷風へ、ようこそ』(慶應義塾大学出版会、サントリー学芸賞)、『永井荷風の生活革命』(岩波書店)、『折口信夫 秘恋の道』(慶應義塾大学出版会)などがある。

富岡 幸一郎(トミオカ コウイチロウ)

1957年生れ。文芸評論家、関東学院大学教授、鎌倉文学館館長。主な著書に『戦後文学のアルケオロジー』、『聖書をひらく』、『川端康成 魔界の文学』などがある。

高橋 千劔破(タカハシ チハヤ)

1943年生れ。作家、文芸評論家。日本ペンクラブ副会長。主な著書に『歴史を動かした女たち』、『歴史を動かした男たち』、『名山の日本史』などがある。

福田 耕介(フクダ コウスケ)

1964年生れ。フランス文学研究者、上智大学教授。主な論文に「遠藤周作とフランソワ・モーリヤック テレーズ的主人公の救済」、「フランソワ・モーリヤック『火の河』における「火」と「水」の接合」などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

西欧と日本のあいだ
 「神」をめぐって 文化風土をめぐって   菅野昭正

遠藤周作さんとカトリックの信仰   加賀乙彦

昭和戦後の笑い
 遠藤周作 狐狸庵先生   持田叙子

文学者、信仰者としての誠実さ   富岡幸一郎

遠藤周作と歴史小説   高橋千劔破

遠藤周作とフランソワ・モーリヤック
 『炎の河』と『わたしが・棄てた・女』における「妙な渇望」
 福田耕介

 あとがき   菅野昭正


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。