大学出版部協会

 

人口変動と家族の実証分析

人口変動と家族の実証分析

津谷 典子:編著, 菅 啓太:編著, 四方 理人:編著, 吉田 千鶴:編著
A5判 384ページ 上製
定価:4,200円+税
ISBN978-4-7664-2673-1 C3033
奥付の初版発行年月:2020年09月 / 発売日:2020年09月上旬

内容紹介

▼人口と家族のダイナミズムを理解する

少子高齢時代における日本とアジアの家族や男女の働き方を詳細なデータに基づいた実証分析によって透視する。

著者プロフィール

津谷 典子(ツヤ ノリコ)

慶應義塾大学 教授.
慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート(KGRI)所員.

菅 啓太(スガ ケイタ)

国立社会保障・人口問題研究所人口構造研究部第一室長.

四方 理人(シカタ マサト)

関西学院大学総合政策学部准教授.

吉田 千鶴(ヨシダ チヅ)

関東学院大学経済学部教授.

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序章 人口変動と家族――日本と東アジア(津谷典子)

 第Ⅰ部 低出生力社会における家族・人口変動のダイナミズム

第1章 出生水準が長期的な人口動向に及ぼす影響について(石井 太)
第2章 歴史人口学から見る低出生力社会の養子慣行
――近世東北農村1716-1870 年を中心に(黒須 里美)
第3章 国内人口移動の現状と変動要因(直井 道生)

 第Ⅱ部 低出生力社会における就業パターンの変化と格差

第4章 就業寿命
――戦後わが国における長寿化、晩婚・未婚化と就業パターン(菅桂太)
第5章 女性博士のキャリア構築と家族形成(小林 淑恵)
第6章 家族の変化と就労収入の格差(四方 理人)

 第Ⅲ部 低出生力社会における夫婦の生活時間

第7章 日本の夫婦の生活時間と子ども(吉田 千鶴)
第8章 韓国における有配偶夫婦の時間配分(曺 成虎)

 第Ⅳ部 東アジアにおける超低出生力の特徴と少子化対策

第9章 東アジア先進諸国における少子化の特徴と背景要因(松田 茂樹)
第10章 台湾における育児休業制度の利用と女性の復職(可部 繁三郎)
第11章 子育て支援施策の変遷と地方と国の予算の推移(前田 正子)

津谷典子教授 履歴・研究業績


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。