大学出版部協会

 

 近世フランスにおける宗教と政治ジャンセニスム 生成する異端

ジャンセニスム 生成する異端 近世フランスにおける宗教と政治

A5判 400ページ 上製
定価:8,600円+税
ISBN978-4-7664-2653-3 C3010
奥付の初版発行年月:2020年02月 / 発売日:2020年02月中旬

内容紹介

▼17世紀フランス、王権と教会を震撼させた大宗教論争を描く。

▼宗派対立を超えて、異端の認定をめぐる排除と抵抗の力学を明らかにし、近世フランスにおける共同体と個人の関係を再考する。

▼徹底した文献調査に基づき、もうひとつの歴史を丹念に掘り起こす、革新的な一冊!

著者プロフィール

御園 敬介(ミソノ ケイスケ)

1975年神奈川県生まれ。一橋大学社会学部卒業。一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。クレルモン=フェラン大学大学院人文科学研究科博士課程修了。現在、慶應義塾大学商学部准教授。著書に Écrire contre le jansénisme. Léonard de Marandé polémiste vulgarisateur (Paris, H. Champion, 2012)。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序論

 第一部 「ジャンセニスム」への視線

第一章 アウグスティヌスをめぐって
 1 恩寵と自由意志
 2 「ジャンセニスムの教理」
 3 批判の論理
 4 不安の拡大
 5 原理主義?
 6 アウグスティヌスの相対化

第二章 政治的イメージの問題
 1 『ジャンセニスムの政治問題』
 2 宗教と政治の混交
 3 ジャンセニスムという「セクト」
 4 想像力の根源へ
 5 聖体会とは何か
 6 ジャンセニスムと聖体会

 第二部 異端を囲い込む

第三章 事実の確定
 1 五命題の断罪
 2 聖職者会議と「事実問題」
 3 フランスとローマのあいだ
 4 小勅書の翻訳と受諾
 5 歴史記述としての反ジャンセニスム
 6 アルノー譴責事件

第四章 信仰宣誓書
 1 小勅書の受諾から信仰の宣誓へ
 2 王権と反ジャンセニスム
 3 ポール=ロワイヤルの修道女たち
 4 司教の抵抗
 5 レギミニス・アポストリキ
 6 「教会の和約」に向けて

 第三部 抵抗と服従

第五章 署名をめぐる論争
 1 抵抗の理論
 2 良心の問題
 3 「恭しい沈黙」
 4 強制の理論
 5 パリ大司教ペレフィクスの教書
 6 事実と不可謬性

第六章 論争と信の観念史
 1 「信仰の行為」から
 2 信仰分析の系譜
 3 聖体論争における方法の問題
 4 権威と検討
 5 ジャンセニスム論争と信の観念史
 6 フェヌロンの不可謬性論

結論

 注
 あとがき
 参考文献
 事項索引
 人名索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。