大学出版部協会

 

 迷宮をめぐる〈はてしない物語〉エーコ『薔薇の名前』

エーコ『薔薇の名前』 迷宮をめぐる〈はてしない物語〉

四六判 244ページ 上製
価格:2,640円 (消費税:240円)
ISBN978-4-7664-2559-8 C0300
奥付の初版発行年月:2021年04月 / 発売日:2021年04月中旬

内容紹介

▼巨人(エーコ)の肩の上から望む「中世」の景色

『薔薇の名前』の緻密な物語は、ディテールを押さえてこそ楽しめる!
本書では、エーコの想像力の源泉にして「舞台装置」である中世ヨーロッパを、背景知識から丁寧に解説。
知の巨人が綿密に作り上げた「中世」の世界を、鳥の目と虫の目を通じて読み解いてみよう。

著者プロフィール

図師 宣忠(ズシ ノブタダ)

近畿大学文芸学部准教授。専門は、西洋中世史。京都大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。近著に、『はじめて学ぶフランスの歴史と文化』(共著、ミネルヴァ書房、2020年)、『魅惑の〈中世映画〉──西洋中世学からのアプローチ』(編著、羽鳥書店、近刊)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次


 『薔薇の名前』の解読
 『薔薇の名前』と西洋中世研究
 エーコと「中世」との距離
 美学から記号論へ
 知の巨人エーコ、小説を書く

Ⅰ 『薔薇の名前』の舞台
 物語の枠組み
 プロローグ──時代背景
 宗教と政治──教権と俗権の対立
 宗教と社会──異端と教会改革
 民衆的異端の拡大──ヴァルド派とカタリ派
 托鉢修道会の成立──ドミニコ会とフランチェスコ会
 一四世紀における聖俗権力の対立構図
 中世の世界へ──舞台としての修道院
 修道院の建物の配置──ザンクト・ガレン修道院の平面図
 修道院の生活──『聖ベネディクトゥスの戒律』
 吹きすさぶ雹──アデルモの死
 血の甕──ヴェナンツィオの死
 迷宮の謎
 アドソの冒険
 茶色く変色した指と真黒な舌──ベレンガーリオの溺死
 再び迷宮へ──〈アフリカノ果テ〉
 渾天儀──セヴェリーノの惨殺と「奇妙な書物」の行方
 異端審問官ベルナール・ギー
 千匹もの蠍の毒──マラキーアの死
 『キュプリアヌスの饗宴』
 〈四ツノ第一ト第七デ〉
 ホルヘとの最後の対決
 世界燃焼──崩れ落ちる図書館
 最後の紙片
 言うまでもなく、中世から 

Ⅱ 『薔薇の名前』の構造
 『薔薇の名前』の読み方
 メルクのアドソ
 バスカヴィルのウィリアム
 『ヨハネの黙示録』とアドソの幻視
 修道院の殺人と『ヨハネの黙示録』
 ブルゴスのホルヘ
 笑いと破壊、あるいは神聖なる秩序の行方
 イマジネールの怪物たち
 バベルの塔としてのサルヴァトーレ
 村の娘とアドソの恋
 迷宮としての図書館
 始まりと終わり──タイトルとその意味

Ⅲ 『薔薇の名前』の世界への鍵
 写本と羊皮紙
 巻物から冊子へ
 写字室と写本の製作
 読むことと眼鏡
 聖なる読書から学者の読書へ
 写本製作の新時代
 紙の製造
 異端の烙印
 「キリストの清貧」をめぐって
 『ヨハネの黙示録』と終末論
 異端審問と刑罰
 異端審問記録の作成・保管・利用
 ある異端審問記録の数奇な運命
 失われてしまった写本をめぐる物語
 書物は何を伝えるか──世界を読み解くとは?


参考文献
あとがき
図版出典一覧


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。