大学出版部協会

 

 ― CEO人材欠乏症の日本を変える経営人材を育てる!

経営人材を育てる! ― CEO人材欠乏症の日本を変える

四六判 264ページ 並製
価格:1,980円 (消費税:180円)
ISBN978-4-7664-2096-8 C0034
奥付の初版発行年月:2013年10月 / 発売日:2013年10月下旬
発行:慶應義塾大学出版会  
発売:慶應義塾大学出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

▼失われた20年――
日本のビジネスはグローバル化の波に乗り遅れている。
この国に足りないのは経営人材。
CEOを量産する慶應ビジネス・スクールが生み出す
「地球を眺めてビジネスを創造する人材」とは?
▼リーダーシップ、グローバル人材、起業家精神、日本企業の国際化など、いま話題のイシューについて第一線の研究者が最新の議論を展開し、これからの時代にあるべき経営と人材像を提示する。

著者プロフィール

慶應義塾大学ビジネス・スクール(ケイオウギジュクダイガクビジネススクール)

河野宏和(慶應義塾大学大学院経営管理研究科委員長/教授)〔はじめに、第2章〕
山根 節(編集委員代表/慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授)〔第1章、第2章、第4章、おわりに〕
岡田正大(編集委員/慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授)〔第1章、第2章〕
清水勝彦(慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授)〔第1章、第3章〕
池尾恭一(慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授)〔第2章〕
髙木晴夫(慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授)〔第5章〕
磯辺剛彦(慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授)〔第6章〕
小幡 績(慶應義塾大学大学院経営管理研究科准教授)〔第7章〕

上記内容は本書刊行時のものです。

〈コンファレンス チェア/パネラー〉
杉田浩章(株式会社ボストン コンサルティング グループ シニアパートナー&マネージング・ダイレクター・オブ・ジャパン)〔第3章〕
堀 雅寿(ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社代表取締役社長)〔第3章〕
笹沼泰助(アドバンテッジパートナーズ有限責任事業組合代表)〔第4章〕
畑野仁一(株式会社ネットマイル代表取締役CEO)〔第4章〕
新井豪一郎(アルクテラス株式会社代表取締役社長)〔第4章〕
丸山健一(五稜化学株式会社代表取締役社長)〔第4章〕
梅田一郎(ファイザー株式会社代表取締役社長)〔第5章〕
八木エドワード(南山大学ビジネススクール教授)〔第5章〕
横手仁美(国連WFP協会理事)〔第5章〕
朴 晙榮(欧州復興開発銀行高級投資理事、Senior Investment Officer)〔第5章〕
山田邦雄(ロート製薬株式会社代表取締役会長(CEO))〔第6章〕
牧野成史(香港中文大学教授)〔第6章〕
石川 幸(A.I. Global Sun Partners Joint Stock Company創業者・共同経営者)〔第6章〕
首藤明敏(株式会社博報堂コンサルティング代表取締役社長)〔第7章〕
小川 亮(株式会社アイ・コーポレーション代表取締役社長)〔第7章〕
若山泰親(モード・フィルム株式会社代表取締役社長)〔第7章〕

目次

 Ⅰ部 グローバル化と経営教育

1 グローバル化とは何か
  心地よい国内志向のメンタリティを脱却できるか/アジアへの甘い期
  待と大きな誤解
  イノベーションは会議室で死ぬ/二番手のイノベーション/日本人は
  議論好きか?
  全体最適、全体無難/経営者は議論をリードせよ!/リーダーに必要
  なのは構想力
  リーダーは人材教育に力を注げ!/経営は若いうちにさせろ!/経営
  者は割に合う?
  アントレプレナーとイントラプレナーは補完する/海外で働く未来の
  リーダーたち
  ビジネススクールを夢の発信拠点に!

2 ビジネススクールのミッション
  ■KBSにみるビジネス教育の三〇年
 時代を反映するKBS受験者数/ビジネス教育のすそ野は広がっている?
 ますます強まる経営教育へのニーズ
  ■これからKBSが果たす役割
 社会に発信するビジネススクール/サイエンス&アート/ケースメソッ
 ドの効用
 OJTとOffJT
  ■グローバル化への途
 日本のビジネススクール、アメリカのビジネススクール
 デファクト言語・英語にどう対応するか/フルタイムMBA、パートタ
 イムMBA
 社会に開かれた経営教育を

 〈ビジネス研究の最新動向〉
  生産・オペレーション 会計 財務
  マーケティング 組織・マネジメント 情報・意思決定
  経営環境 総合経営

 Ⅱ部 これからのビジネスを考える

3 新たな時代を切り開く企業戦略・リーダーシップ
  今、何が問われているのか/問題の本質/原則に立ち戻った「問い」
  不振企業を立て直すということはどういうことか?――企業再建で考
  えるべき問題
  企業の成長を持続させるとはどういうことか?――成長マネジメント
  で考えるべき問題
  日本企業にとってグローバル化とはどういうことか?――これからの
  グローバル経営で考えるべき問題
  未来を追求し続ける――分科会を終えて

4 起業家という生き方
  失われた二〇年の中で/イノベーションとベンチャーが果たす役割
  ベンチャーの定義と日本の低い起業率/低いベンチャーの成功確率
  「一流企業の会社員」というリスク/起業家たちの至福/ビジネスス
  クールでの学びと効用
  教師との出会いと触発/大企業に眠る経営資源の山/大企業というイ
  ンキュベーション装置
  イントラプレナーという生き方もある!/羽ばたけ! 経営教育

5 グローバル・ビジネスを成功させる人と組織
  ――グローバル人材は二種類の人々で構成すべき
  はじめに――グローバル人材という言葉遣い/KBSコンファレンス第
  2分科会
  仮説のスケッチ/パネラーの高い多様度が意味するもの
  フロアとのディスカッション/文献研究によるパネル後の仮説磨き上
  げ
  コンティンジェンシー理論――分化と統合/グローバル・ビジネスの
  現場が求める「分化」
  そもそも分化が必要となる根本理由――「必要多様度の法則」
  システム理論は「統合」について何を語っているか
  サイモンの限定合理性理論が示唆するもの/行動の統合をもたらす機
  構
  ある参加者からの事例提供/「組織OS」という考え方/
  おわりに――仮説の提示

6 身の丈に合った日本企業の国際化とは
  スタンダードを超えて、多様性に賭けよ!/日本企業のグローバル化
  を阻む三つの壁
  新興国で奮闘する起業家から見た日本企業/新興国市場での競争優位

7 クールジャパンの可能性
  ――日本の産業のソフト競争力を考える
  何を語るべきか、それが問題だ/クールジャパンについて何を語るべ
  きか
  デザイン業界の国際競争力/ソフトパワーと日本のコンテンツの未来
  クールジャパンは文化の奥底から湧き出る/イギリスが起源のクール
  ジャパン
  クールジャパンを日本の力に/ハリウッド型とPerfume型/クール
  ジャパンとマネタイズ
  きゃりーぱみゅぱみゅは巧みな切り花/コンテンツの充実がマネタイ
  ズを阻む
  愛があれば我慢できる/こだわらずに、そして貪欲に

  おわりに
  執筆者紹介


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。