大学出版部協会

 

 ロラン・バルト『明るい部屋』の思想写真の存在論

写真の存在論 ロラン・バルト『明るい部屋』の思想

四六判 168ページ 上製
価格:2,420円 (消費税:220円)
ISBN978-4-7664-1670-1 C3010
奥付の初版発行年月:2009年10月

内容紹介

『明るい部屋』を精読し、バルトの企てを解読。
▼ロラン・バルト最期のテクスト 『明るい部屋』。亡き母への追悼の書であり、新たな小説性を模索する文学的な実験の書であり、写真が与える経験を思索する写真論であるその書で、バルトはいったい何を問うたのか。バルト 『明るい部屋』 に深く寄り添い、バルトが企てた「写真の存在論」を引き受け、写真と経験、経験と存在、存在と写真の関係を読み解く力作。

本書は、日本図書館協会選定図書です。




■青山ブックセンター六本木店にて、荒金直人 氏のトークイベントを開催しました。
(2009年12月2日 19:00〜)

★こちらから、当日の映像もご覧いただけます★



荒金直人(あらかね なおと)
慶應義塾大学理工学部専任講師。1969年生まれ。1992年、早稲田大学理工学部建築学科卒業、その夏に渡仏。1996年、エクス・マルセイユ第1大学文学部哲学科卒業(一般課程および学士課程)。同大学大学院哲学研究科修士課程および専門研究課程(DEA)を経て、2003年、ニース大学大学院哲学研究科博士課程修了、哲学博士取得。帰国後、東京日仏学院、慶應義塾大学、白百合女子大学、明治学院大学、上智大学、早稲田大学での非常勤講師を経て、2006年から現職。共訳書に、ジャン=フランソワ・レイ『レヴィナスと政治哲学』法政大学出版局、2006年。ジャック・デリダ『フッサール哲学における発生の問題』みすず書房、2007年。

目次

 序 バルトの企て

 Ⅰ 『明るい部屋』第Ⅰ部精読

 Ⅱ 『明るい部屋』第Ⅱ部精読

 Ⅲ 写真が与える経験

 Ⅳ 記憶と記録/写真と存在

 補 『明るい部屋』各節要旨

 あとがき


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。